生活の充実度は「近所にうまい店があるかどうかで決まる」ということについて

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

2017年06月19日
カテゴリ
コラム
  • 食文化
  • 連載
  • プレミアム記事
  • 長崎
  • 中華料理
生活の充実度は「近所にうまい店があるかどうかで決まる」ということについて
Summary
1.パリや京都といった観光地であっても日常遣いの飲食店は、本来は地元民のための店であるはず
2.例えば、長崎でも近所のちゃんぽん屋さんの「あたりはずれ」が、生活の充実度を大きく左右する
3.長崎でたまたま巡り会えた「うまいちゃんぽん屋」とは?

いつもいつも
「うどんとお好み焼きと鮨(たまに洋食も)は近所のがいちばんうまい」
などと書いているが、大阪に限るとお好み焼きが「コナもん」などと称されて(リンク→<「コナもん」と言う言葉遣いのなさけなさについて。>)、観光客必須のお約束アイテムとなり、たまたま行きつけの店が観光ガイドの常連掲載店になったことで、並ばないと入れなくなった店がある。

美空ひばりが京都に来るときは必ず行ってた、という京都の寺町三条の昭和一ケタ創業の旧い喫茶店も同様で、地元の商店街で漬物店をやっている友人は「あそこはもう20年ぐらい行ってへん、昔は毎週行ってたんやけどな」と残念そうに話していた。

京阪神でいえば、神戸・中華街の豚饅発祥の店もしかりで、前を通るたびに「食べたいなあ。けど並ぶんは、ちょっとなあ」と思ったりする。

パリや京都といった観光地であっても日常アイテムの飲食店は、本来は地元民のための店がほとんどなのは、大都市なので当然のことだ。
たまたま何かのきっかけで(有名人やメディアによるものが多い)、何時に行っても観光客が並ぶようになってしまうと足は遠のく。

もっとも観光地には当然「観光客のみをターゲットにした飲食店」もあるが、地元民が「土産物店」に入らないのと同様に、そういう趣旨の店については、地元の自分たちは「客ではない」のだから眼中にない。

わたしも旅行に行くと多分にもれず、大阪ならお好み焼きやたこ焼き、串カツといった「ご当地名物」を求めるが、観光客仕様の「土産物飲食店」には入ろうという気がしない。
やはり地元の人間に人気で、店内のその客が「おいしいなあ」という顔をしている店に行かないと気が済まないタチだ。

長く京阪神の店のことを他所の人に書いたり、そこの店のうまいものを伝えたりする仕事をしている関係上、旅行ガイドやグルメブックを見ていて、「これは観光客用の店を載せている」という
のが分かることがある。

まあ出版社にはその出版社なりの考え方があると思うのだが、そういうガイド本は、コンビニエンスストアのように役立つかも知れないが、面白くないから買わない。
また二泊三日などの短期旅行の場合、1回の昼ご飯がその旅行の良し悪しを左右することもある。

先日、長崎を旅行することがあった

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

春の京文化を『東本願寺 渉成園』で体験! 懐石料理、お茶、芸舞妓―― 食と文化芸術【饗宴レポート】
春の京文化を『東本願寺 渉成園』で体験! 懐石料理、お茶、芸舞妓―― 食と文化芸術【饗宴レポート】

1.文化庁は地域の食文化と文化芸術を組合せて新たな価値を生み出す「日本食文化レガシー」創出事業を展開 2.3月12日に、京都『東本願寺 渉成園』で春の京文化が体験できる催しを開催 3.10軒の老舗料理店による懐石料理、芸舞妓の舞の鑑賞、きもの着付け解説、お茶席体験に、充実の2時間半

dressing編集部

戸越銀座周辺の食べ歩きにおすすめ!「酒粕」を気軽にたのしむ、新潟発の古民家風カフェスタンドが話題
戸越銀座周辺の食べ歩きにおすすめ!「酒粕」を気軽にたのしむ、新潟発の古民家風カフェスタンドが話題

1.東京・戸越公園駅から3分。新しい発酵ライフを提案する酒粕専門店『お米や Hacco to go!』が登場 2.ここでしか味わえない味! 発酵食品「酒粕」を使った100%植物性の「醸グルトシェイク」 3.日々の生活にも取り入れたい発酵パワー。手軽な調味料や酒粕ドリンクはお土産に最適!

Kyoko Maruyama
ライター/フードアナリスト
地元の客から「邪魔者」と疎まれるような態度でいると、「うまいものにありつけない」ということについて

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?