身体的経験もなく無自覚に情報だけで店を選んでいるだけの客は実は店からもその「程度」を見抜かれている

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

2016年08月10日
カテゴリ
コラム
  • 食文化
  • プレミアム記事
  • 寿司
  • お好み焼き
  • 連載
身体的経験もなく無自覚に情報だけで店を選んでいるだけの客は実は店からもその「程度」を見抜かれている
Summary
1.飲食店で「食べること」の感覚的な関係
2.カウンター的食世界について
3.「食べ上手」への道を開く方法とは?

鮨屋にしろお好み焼き屋にしろカウンター形式の料理店は、食べることに何か別の楽しさを付加してくれる。
京料理は個室や座敷に上がって食べる料亭よりも、カウンタースタイルの割烹の方がおいしく食べられるのではないか。

そんなところから、飲食店で「食べること」の感覚的な関係を見ていこう。

フレンチやイタリアンにしても、「今度、お食事でも」といった具合で、誰かに会ったり仲良くなるのが目的の「人との関係性を優先して食事に行くこと」と、単純に「おいしいものをおいしく食べたくて行く」というのは、全然違う局面だ。

それは俗に言われるTPOと一見よく似ているが、それともちょっと違う。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

お客様は神様と考える輩が街と店を退屈にさせることについて
お客様は神様と考える輩が街と店を退屈にさせることについて

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

今しか食べれられない「限定メニュー」に注目! 『渋谷ヒカリエ』で「プレミアムグルメマーケット」が開催
今しか食べれられない「限定メニュー」に注目! 『渋谷ヒカリエ』で「プレミアムグルメマーケット」が開催

1.2018年4月26日で開業6周年を迎える「渋谷ヒカリエ」で「プレミアムグルメマーケット」が開催 2.ヒカリエ内の飲食店・全28店が自信を持って提供する、期間限定のメニューに注目 3.選りすぐりの「調味料」や「名菓」など、手土産の販売も見逃せない!

dressing編集部

ワイン初心者のための【上手なワインの選び方・楽しみ方】4つのポイント
ワイン初心者のための【上手なワインの選び方・楽しみ方】4つのポイント

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 #ワイン初心者のための【上手なワインの選び方・楽しみ方】

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
店で何をどう食べるかまで情報に操られている、あまりにもショボすぎる日本の「子ども」なオトナのこと

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?