「悩むって幸せ」がテーマ! 新鮮食材をおまかせで調理してくれる、新感覚ダイニングが新橋にオープン

2016年08月16日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • 新橋
  • 新店
 「悩むって幸せ」がテーマ! 新鮮食材をおまかせで調理してくれる、新感覚ダイニングが新橋にオープン
Summary
1.新感覚のレストラン『デザインフードマーケット』が新橋にオープン
2.食材と調理法を伝えれば、自分の食べたかった一品に必ず出逢える
3.ジューシーなグラム量り売りローストビーフがリピート確定のおいしさ

何を食べようか悩めることは、すごく幸せなことだ

何を食べようか悩めるのは、心身ともに元気な証拠だ。食にはいつも、悩む楽しさが付きまとう。

そんな悩める幸せを存分に味わえる新店『個室デザインフードマーケット新橋店』が7月4日(月)にオープンした。「何を食べようか悩むことって、幸せじゃないですか。その幸せをもっと幅広く外食でも味わって欲しい」と語るのは、この店のオーナーである日下部繋次(くさかべしげじ)さん。この店ではスタッフが築地をはじめとした市場に自分の足で訪れて、日々最もおすすめの食材を取りそろえている。その食材を客自身が目で見て選ぶことができ、調理法もまた選ぶことができるのが特徴だ。まさに、「悩む幸せ」を存分に体験できる店なのだ。

店内に併設された素材市場コーナーには、野菜や牡蠣、魚などの食材がずらりと並ぶ。その姿は、まるで市場そのもの。たとえば野菜だけでも、随時20種類が揃っているというからそのラインナップには驚かされる。

この新鮮な野菜を、小さなバケツいっぱいに詰め込めるバーニャカウダがこの店一番の人気メニュー。トマトや人参などよく目にするものから珍しいものまで、野菜を詰め込み放題。

お代わりもできるので、野菜好きにはたまらない。農家直送か市場で仕入れた野菜はどれも新鮮でおいしそうなものばかり。野菜の産地は様々で、行くたびに変わるのもまた楽しい。

海鮮ももちろん充実している。この日の目玉は牡蠣。ひとつ480円でぷりっぷりの牡蠣を楽しむことができる。ジューシーな生牡蠣も、築地に足を運んで仕入れるからこその新鮮さ。濃厚でとろけるミルクのような味が喉元を通り過ぎると、ふわっと潮の香りが鼻に抜ける。

どれがおすすめかわからない、決められない…そういうときは、シェフにお任せすることができる。試しに「今日のオススメの魚で、何か一品食べたい」とオーダーしてみたところ…

まるごと一匹のトビウオとムール貝を使ったブイヤベースを作ってくれた。コクのあるスープに絡むトビウオの身は、ほくほくとしながらもさっぱりとした味。噛めば噛むほどに、トビウオからブイヤベースが滲み出るおいしさが絶品だ。

他にもグリル、姿造り、ムニエル、カルパッチョなど、様々な調理法で作っていただけるとのこと。選んだ魚が一番生きる調理法で、自分だけの一品を楽しむことができる。

そろそろ、肉にかぶりつきたい気持ちが高まってくる。悩むのも、また幸せ。そうは思いつつも選べないときは、オススメを訊ねてみよう。「馬肉のサーロインが今日のイチオシ」とのことで注文。グラム量り売りで、好きな肉を好きなだけ食べられるシステムも嬉しい。

待つこと10分。テーブルに登場したのは、1ポンド(約450グラム)の馬肉のサーロイン。

噛むほどにジュワッとあふれ出る肉汁は、馬肉ならではのサッパリ感を残しつつも、肉のうまみが強く押し出されている。「うまいっ!」と思わず声に出しながら、食べ進めてしまう一品だ。

肉も魚と同様、その日の仕入れによっておすすめの肉と部位が変わる。この日は、牛肉のおすすめがハラミやランプ、馬肉がサーロインやハラミ、豚肉が肩ロースだった。

ドリンクでも悩む幸せは、まだ尽きない。こちらはすべてサングリア。左から、赤ワイン、白ワイン、梅酒、日本酒のサングリアなんだそう。それぞれに微妙に変えられたフルーツが強い甘みをかもしだす。梅酒のサングリアは複数のフレーバーが香り、日本酒のサングリアはもともとのフルーティーさを際立たせ、どちらも新感覚だ。サングリアひとつとっても、ここまで悩ませてくれるのも珍しい。馬肉やシーフードにぴったりの日本酒も豊富に取り揃えているので、おまかせでペアリングをお願いするのも良さそうだ。

さあ、最後はこの店の名物である、焼きたてローストビーフを楽しもう!

この店では、店内で焼き上げたローストビーフの量り売りが楽しめる。20時になると焼き上がりのお知らせとともに、店内をローストビーフがまわってくるという仕組み。事前に何グラム、何キロ、と予約することもできるし、まわってきたその場で好きな量を頼むこともできる。

豪快に登場したローストビーフは、ピンク色の美しさが特徴。一口食べれば、これぞ肉! といううまみがジュワッと口の中いっぱいに広がる。やわらかな歯ごたえで、牛ならではのジューシーさを堪能できる一品だ。

どれもこれも新鮮な一品を、自分の好きな食べ方や組み合わせで楽しめるのは、まさに「悩む幸せ」。まだオープンしたてにもかかわらず、既に予約で満席という日もあることから、この悩む幸せを味わいたい人がどれだけ多くいるかを伺わせる。友人と、同僚と、恋人と、家族と。ともに悩みながら選ぶ楽しさを味わいたい日に、ぜひここで。

(文・写真/雨宮美奈子)

(メニュー)
盛り放題バーニャカウダ 980円
旬の生牡蠣 1個480円
トビウオ 500円
+ブイヤベース調理代 500円
馬サーロイン 1g 20円(450g:9,000円)
ローストビーフ 1g 15円

自家製サングリア 各580円
純米吟醸829GRILL グラス980円
富久長 白麹純米酒 海風土(シーフード) グラス980円

※価格全て税別

個室 デザインフードマーケット 新橋店

住所
東京都港区新橋1-15-5 10F
電話番号
050-3476-5118
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
月~金
ランチ 11:30~15:00
800円ランチビュッフェやってます!「素材マーケット」から選ぶ13~20種類の新鮮野菜のサラダバーが食べ放題♪
ランチ宴会特別価格にてご案内中!

ディナー 16:00~24:00
【16:00~】完全穴場タイム!早い時間から飲みたい方にオススメ。
【24:00~】ご相談タイム!深夜宴会の相談はお気軽にお問い合わせ下さい。
定休日
不定休日あり
詳細はお問い合わせください♪会社宴会、歓迎会、送別会、合コン、誕生日会など個室宴会は当店まで♪
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/3zu0v6370000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

枝そっくりな料理はどんな味!? アーティスティックな皿に心が躍る北欧フレンチ『コフク』
枝そっくりな料理はどんな味!? アーティスティックな皿に心が躍る北欧フレンチ『コフク』

1.手間と時間をかけて作るパーツを組み合わせて構築した新しい料理に五感がフル稼働 2.日本の食材と最新の技術で創りだすアーティスティックな皿にあるのは驚きと楽しさとおいしさ 3.基礎から最先端のテクニックまで身につけた後にやっと見つけた“自分の目指す道”とは?

高橋綾子
フードパブリシスト