【ホンモノの常連になるためのオトナの京都の遊び方】店主の前に座る特別な客になるための近道

【京都で恥をかかない遊び方】日本はもちろん世界中から観光客が訪れる京都。雑誌や書籍にもインターネット上にもさまざまな情報が飛び交い、もはや京都のことは誰でもわかる時代になった、、、と思いきや京都には1,000年の都ゆえの深~い伝統と流儀、そしてマナーがある。そんな京都でいかにして恥をかかずに愉しめるか?京都在住で関西の食文化に精通するコラムニスト・門上武司さんが知識を伝授する。

2016年08月17日
カテゴリ
コラム
  • 食文化
  • プレミアム記事
  • 京都
  • 和食
  • 連載
【ホンモノの常連になるためのオトナの京都の遊び方】店主の前に座る特別な客になるための近道
Summary
1.店主の前に座ることの意味
2.京都の街が「一見さん」に厳しい理由
3.「しったかぶり」をしても何の得もない

予約困難な店の先にあるさらなる困難

最近、人気の料理店はずっと先まで予約が詰まっていることが多い。こと京都においては、京都の料理屋は東京の人気店同様、一年先まで満席ということも少なくない。それは、国内のお客さんはもちろんだが、世界中からゲストを迎え入れる観光都市だからで、実際、全席海外からのお客さんで埋まっている店も珍しくないのだ。

今回紹介するこの京料理の名店もそういった状況を代表する一軒。開店したのが19年前のこと。以来、店を2回移転し、18時半一斉スタートというスタイルを守り続けるにもかかわらず、ずっと満席状態。もちろん今年分の席はほぼ満席という。 
現在17席のカウンターと奥に10名は座れるテーブル席、2階に座敷という、なかなか大きな構えだ。

ところで、たとえ予約が取れたからといってもカウンター、それもご主人の前、つまり中央の席を取ることは、即完売のコンサート・チケットを取るより難しいともいわれる。

なぜ、困難なのか。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

店から「人間として小さい」と思われる客にならないための「客力」の鍛え方
店から「人間として小さい」と思われる客にならないための「客力」の鍛え方

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

【京都のホントの遊び方】カネのことばかりを考えて遊んでいる限り、祇園や先斗町への道のりは遙かに遠い
【京都のホントの遊び方】カネのことばかりを考えて遊んでいる限り、祇園や先斗町への道のりは遙かに遠い

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

京都の街が愛される理由は「街も店も思い通りになるようではつまらない」という真理にある
京都の街が愛される理由は「街も店も思い通りになるようではつまらない」という真理にある

【連載】正しい店とのつきあい方。 店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

恥をかきたくない人のためのオトナの京都の遊び方【うつわ編】~何度通っても常連になれない貴方のために~

【京都で恥をかかない遊び方】日本はもちろん世界中から観光客が訪れる京都。雑誌や書籍にもインターネット上にもさまざまな情報が飛び交い、もはや京都のことは誰でもわかる時代になった、、、と思いきや京都には1,000年の都ゆえの深~い伝統と流儀、そしてマナーがある。そんな京都でいかにして恥をかかずに愉しめるか?京都在住で関西の食文化に精通するコラムニスト・門上武司さんが知識を伝授する。