あふれるイクラがうれしすぎ! 新鮮な海の幸をお腹いっぱい楽しめる、コスパ最強の和食居酒屋が誕生

2017年12月14日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 西麻布
  • 居酒屋
  • 和食
あふれるイクラがうれしすぎ! 新鮮な海の幸をお腹いっぱい楽しめる、コスパ最強の和食居酒屋が誕生
Summary
1.築地市場に直営の仲卸を持つ圧巻のコストパフォーマンスが魅力
2.和モダンな空間でゆったり本格和食料理が楽しめる
3.料理の提供方法にもこだわりあり。驚きや感動も味わえる

西麻布交差点から歩いて5分。2017年5月1日にオープンした海鮮和食居酒屋『ご馳走 たか波』。『ミシュランガイド東京 2016~2017』の2年連続でビブグルマンに輝いた焼鳥店『銀座 とりや幸』、田町にある『肉LABO』を運営する『株式会社プレコダイニングラボ』の新業態だ。

ゆったりとした空間は、洗練された大人の居酒屋

入口は地下1階にある。ほんのりとした灯りのなか、螺旋階段を降りて暖簾をくぐると、洗練された大人の居酒屋といった雰囲気漂う空間が広がっている。スタイリッシュな広めのオープンキッチンという洋のテイストも取り入れた、モダンでラグジュアリーながら居心地の良い和の空間である。料理長の手さばきが間近で楽しめるカウンター席、ゆったりと会話を楽しみながら料理を堪能するテーブル席、誰にも邪魔されたくないときにはほどよい薄暗さが魅力の個室と、用途に合わせた選び方ができる。

鮮度だけでなく、料理の提供方法にもこだわりを

メニューは旬の食材を使用した、お造り、蒸し物、揚げ物、焼き物など新鮮な素材のうまみを存分に味わえるラインナップだ。ひと口運べば、思わず値段を見直したくなるほど圧倒的なコスパに驚くこと間違いなし。

例えば一番人気メニューの「こぼれのっけ寿司 雲丹・いくら・本ずわい蟹」(写真上)は1,200円(税抜)。そのインスタジェニックな見た目にスマホを手にしてしまうこと間違いなしのメニューだ。

メニュー名の通り、イクラがたっぷりこぼれている。見た目はボリューム感があるが、細巻きなので、パクパクと口に運べる手軽さも良い。シェアしてもよし、一人で思う存分、海からの贈り物を堪能してもよし。一番人気メニューはぜひともオーダーしたいところである。

「こぼれのっけ寿司」は「雲丹・シラス・ねぎとろ」「雲丹・いくら・本ずわい蟹」さらにはマグロをプラスした「ご馳走たか波 至極のこぼれ」と3種類から選べる。

かわいらしい器に盛られた「本マグロウニ」(写真上)。小鉢に盛られた本マグロの漬けと、ウニをスプーンですくい、海苔に巻いて食す。おろしたての本ワサビをたっぷりとのせて食べるのがおすすめ。本マグロはすでに味つけされているので、醤油をつけずにこのままいただけば、素材の味がよりダイレクトに伝わる。

「巻き方はお客様のお好みで、としていますが、手巻き寿司のように巻くと食べやすいです」と店の方が教えてくれた。

食材のプロによる選りすぐりの鮮魚で提供される「お造り 三名様 盛り合わせ(4種)」。同店のコスパがもっとも堪能できるメニューの一つで、毎日仕入れた鮮魚を見てからラインナップが決まる。実際は4種だが、ラインナップの紹介として、金目鯛の炙り、真鯛、本マグロ、ヒラメの昆布〆、さより、のどぐろの炙りの6種。

大皿に盛られた厚みのある刺身は、迫力満点。炙りが入ることにより、刺身そのものの彩りも美しく際立つ。さらに華やかな配色の野菜が添えられ、美しい見た目に思わずうっとりしてしまう。

大皿からはみ出るボリュームで登場したのは、12月より提供される新メニュー「匠の大山鶏スモークチキン アジアンソース」(写真上)。テーブルに運ばれるやいなや、その見た目の迫力に驚きの声が出てしまう圧巻の見映えも魅力の一品である。

一旦厨房にさげて12ピースにカットし、再びテーブルに運んでくれる。パリッとした皮とジューシーな肉、スモーキーな香りが同時に楽しめる。骨からホロリとお肉がはがれるやわらかさがたまらない。そのままでもおいしいが、添えられた沖縄の粟国の塩をつけて食べるのも良い。3~4人でシェアできる大きさなので、大人数での食事会にもおすすめしたいメニューだ。クリスマスに和空間でいただくスモークチキン、というのもありかもしれない。

仲卸直営で圧倒的なコストパフォーマンスを提供

実は『ご馳走 たか波』のコストパフォーマンスの秘密は、築地市場の場内に仲卸を直営しているところにある。毎日旬の鮮魚を種類豊富に取り揃えているのが最大の魅力だ。新鮮なのは鮮魚だけではない。肉も野菜もグループ企業の目利きが仕入れている。これが『ご馳走 たか波』だからこそ実現できる圧巻のコストパフォーマンスである。都内ではなかなか味わうことのできない食材を使用した料理が堪能できるのも、やはり仲卸直営ならではといったところだ。

料理長の小林寿春さんは、大阪の辻調理師専門学校を卒業後、国内は『キハチ』で10年以上、『Tableaux(タブローズ)』『Legato(レガート)』にて料理長として、さらに海外はフランスなど研修で学ぶなど、幅広い経験を積み重ね、今回『ご馳走 たか波』のオープンに合わせて料理長に抜擢された。小林料理長監修の料理は、洋食の感性と和食の技術が生かされた、まさに「ご馳走感」を感じさせる贅沢なラインナップだ。

お客様ひとりひとりに季節の料理を堪能していただくために、そのシーズンに合った料理を提供し、お腹いっぱい楽しんでいってほしいという『ご馳走 たか波』。ちょっと贅沢したいときに通う店としてお気に入りリストに入れておこう。

撮影:千々岩友美


【メニュー】
こぼれのっけ寿司 雲丹・いくら・本ずわい蟹 1,200円
本マグロウニ 1,750円
お造り 三名様 盛り合わせ(4種) 4,200円
匠の大山鶏 スモークチキン アジアンソース 2,800円 ※3名様より 
※価格はすべて税抜

ご馳走 たか波

住所
〒106-0031 東京都港区西麻布3-13-14 LA・RES西麻布 B1F
電話番号
03-5413-6686
営業時間
【昼の部】11:30~15:00 (L.O. 14:30) 【平日 夜の部】17:00〜23:00 FOOD 22:00(L.O.) DRINK 22:30(L.O.) 【土日祝日 夜の部】17:00〜22:00 FOOD 21:00(L.O.) DRINK 21:30(L.O.)
定休日
年中無休(正月を除く)
公式サイト
http://www.gochisou-takanami.jp

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

早くも本年度フレンチ界最大のニュースに、伝説のあのレストランが街に帰ってきた

【連載】幸食のすゝめ #059 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
今すぐ予約を!世界の美食家が注目する『プジョル』が、期間限定ポップアップレストランとして日本初上陸
今すぐ予約を!世界の美食家が注目する『プジョル』が、期間限定ポップアップレストランとして日本初上陸

1.メキシコで最も影響力のあるシェフ、エンリケ・オルベラ氏がポップアップレストランを4夜限定で開催 2.世界の美食家が注目する『プジョル』のモダンメキシカンを東京で堪能できる 3.開催場所は数々のコラボイベントを実現してきた、食の殿堂「マンダリン オリエンタル 東京」

dressing編集部

今しか食べれられない「限定メニュー」に注目! 『渋谷ヒカリエ』で「プレミアムグルメマーケット」が開催
今しか食べれられない「限定メニュー」に注目! 『渋谷ヒカリエ』で「プレミアムグルメマーケット」が開催

1.2018年4月26日で開業6周年を迎える「渋谷ヒカリエ」で「プレミアムグルメマーケット」が開催 2.ヒカリエ内の飲食店・全28店が自信を持って提供する、期間限定のメニューに注目 3.選りすぐりの「調味料」や「名菓」など、手土産の販売も見逃せない!

dressing編集部