GW、ひとりで過ごす男性は約4割も!?グルメ予算は意外と少ない【男女200人・理想と本音アンケート】

日々、目まぐるしく変わる「食トレンド」。いま大人の男女は「季節の飲食」について、どのようなメニューやシーンを愉しみたい、味わいたい、盛り上がりたいと考えているのでしょうか。本連載は、世代・トレンド評論家の牛窪恵さんと彼女の会社の女性マーケッターが、最新の飲食事情について、日本全国の男女に徹底リサーチ。毎回、職場や家庭で会話が弾む食の男女・世代ギャップや意外なトレンドを随時ご紹介します!

2018年04月19日
カテゴリ
コラム
  • 知識・雑学
  • データ
  • 食知識
  • 連載
  • ランチ
  • ディナー
GW、ひとりで過ごす男性は約4割も!?グルメ予算は意外と少ない【男女200人・理想と本音アンケート】
Summary
1.GW、どんなグルメレジャーが楽しそう? 現実とのギャップを調査
2.意外と少ないグルメレジャーの実際の予算! 男性は1回当たり「1,000円未満」!?
3.今年のGWは「ストレスフリー」で「省エネ」なグルメレジャーが主流!?

GWのグルメレジャー調査・求めているのは「脱ストレス」なグルメレジャー!? by 世代・トレンド評論家【牛窪恵】

いよいよ間近にせまったゴールデン・ウィーク(GW)。もう予定は立てましたか? GWは、様々なグルメレジャーに出かける良い機会! そこで今回は、「GWのグルメレジャー」の希望と現実のギャップを知るべく、20代から40代の男女200人に調査してみました。果たして見えてきたのは…?

希望するのは「いつもよりリッチな外食」。非日常を味わいたい!

 
▼GW中楽しみたいグルメレジャー ベスト5 【複数回答】 N=男女200人

まず男女共に、1番楽しんでみたいのは「いつもよりリッチな外食」でした。ベスト3の結果を見ると、「せっかく楽しむのなら日常を離れた外食を楽しみたい」という意向がうかがえますね。男性だけで言えば「ご当地グルメ巡り」が第5位(19%)。続く「ラーメン店巡り」(13%)、「グルメイベント参加」(12%)は、いずれも女性の回答は10%以下。男性からは、「がっつり系グルメレジャー」の意向もうかがえます。

けれども、実際に「グルメレジャーを楽しむ予定はない」人は3割も!

 
▼GW中、実際に楽しむ予定のグルメレジャー ベスト5 【複数回答】 N=男女200人

では実際、どんなグルメレジャーを楽しむ予定か聞いたところ、「楽しむ予定はない」人が、なんと3割(男性32%/女性30%)で第1位。「楽しみたい」という希望はあっても、現実は違う人もいるのでしょう。とはいえ、残りの約7割は、何らかのグルメレジャーを楽しむ予定のようで、2位以下は「希望」のランキング順位とほぼ同じでした。

楽しむために必要なものは、ダントツで「お金」!全体の約9割が回答

 
▼楽しいグルメレジャーに必要なもの ベスト5 【複数回答】 N=男女200人

グルメもまず先立つものがないと、…ということで、1位の「お金」はうなずけます。女性に限って言えば「計画性」が第2位で、約半数(49%)が回答。「しっかり計画を立てて無駄なく、目的に合ったグルメを楽しみたい」という意欲が感じられます。

意外と少ないグルメ予算! 男性は「1,000円未満」、女性は「2,000円~3,000円未満」が最多

 
▼GWグルメレジャーを楽しむ1回当たりの実際の予算(男女別) N=男性100人/女性100人

グルメレジャーに費やす1回あたりの希望予算と実際の予算について、男女別に調査してみました。「グルメレジャーを楽しめる1回あたりの予算」は、男性では「4,000円~5,000円未満」という希望が1番多い(18%)ものの、実際の予算(上記・表)は「1,000円未満」という回答が最多で(22%)、希望額と現実の予算に大きな差が見られます。

一方、女性は、希望額、現実の予算は共に「2,000円~3,000円未満」(希望22%・現実予算28%)という回答が一番多くなっています。「楽しみたいこと」のイメージが男性より現実的なのかコストが見えていて、予算とのギャップがあまりないのかもしれません。

イヤなことはもちろん「混雑」。そして「お金がかかる」ことと「労力」!

 
▼GW中のグルメレジャー、ここがイヤ! ベスト5 【複数回答】 N=男女200人

とはいえ、全体の約8割が「混雑」、約半分が「お金がかかること」がイヤだと答えました。GW中はどこに行っても混んでいるのがわかっているので、腰が重くなるのもうなずけます。「お金がかかる」のがイヤというのは、想定外や納得のいかない出費は避けたいという意識からでしょうか? そのほか、「疲れる」ことや「計画が面倒」など、労力を敬遠する回答が続いています。

男性は、「家族も気にしつつ、ひとりでまったり傾向」! 女性は、「理想と現実にギャップなし。家族と水入らず傾向」

 
▼男性はGW中、誰と一緒に過ごす? 過ごしたら楽しい? 希望と現実について 【複数回答】 N=男性100人

先ほど、イヤなことの第5位に「一緒に行く人がいない」(14%)とあったとおり、男性の約半分(51%)が「家族と過ごしたら楽しそう」と答える一方で、実際に楽しむとなると、「ひとりで」という男性が約4割(37%)も(上記・表)!女性の「ひとりで」という回答(12%)の約3倍になっています。家族と過ごすことを意識しつつ、結局自分ひとりで動いてしまう人も多そうです。


▼女性はGW中、誰と一緒に過ごす? 過ごしたら楽しい? 希望と現実について 【複数回答】 N=女性100人

他方、女性では約7割(67%)が「家族と一緒が楽しそう」と答え、現実にもほぼ同じく約7割(68%)が、「実際に家族と一緒にグルメレジャーを楽しむ予定」と回答しています。女性は希望と実際の行動にギャップがなく、過ごし方の具体的なイメージも持っていそうです。

求めているのはストレスフリー。正直、「お金がかかる誘い」「気疲れする誘い」は断りたい!

 
▼「正直断りたい!」、GW中のグルメレジャーの誘い ベスト5 【複数回答】 N=男女200人

7割が楽しみにするGWのグルメレジャーですが、面倒なお誘いもありますよね。そこで、「正直、断りたいと思うグルメレジャーの誘い」について聞くと、第1位は、「自分がおごらなくてはならない誘い」で、約半数(49.5%)。第3位の「お金がかかる場所への誘い」(37.5%)と共に、やはり「お金がかかることはイヤ」という本音がうかがえます。また全体的に、「知らない人がたくさん来る」「かしこまった場所」「親戚の集まり」という気疲れがする誘いも敬遠されています。女性に限って言えば約4割(42%)が「親戚の集まりへの誘い」を断りたいと回答しています。

【まとめ】グルメレジャー楽しむ派は7割! しかし「お金と労力の無駄遣い」は敬遠傾向。歓迎されるのは「省エネ系」グルメレジャー!?

今回改めて、7割もの人が「GWは何らかのグルメレジャーを楽しむ!」と前向きに考えていることが分かった一方で、実際には「コストや混雑」への懸念も浮き彫りになりました。また気遣いする場や社交的な場に赴くより、気心知れた家族と、あるいはひとりで、「ストレスフリー」かつ「省エネ」なグルメレジャーを楽しみたい、との傾向が見えてきました。

とくに働く男女は昨今、「働き方改革」で残業代が減らされがち。しかも短時間で集中して作業をこなす業務の効率化が叫ばれていますから、せめてGWはお得にのんびり、ストレスを感じたくないのでしょう。「いつもよりちょっと特別な」、でも「金銭的にもパワーの面でも、無理のない範囲で」との切実な思いが透けて見えます。

皆さんも今年のGWは、無理なく、無駄遣いを避けられるようしっかり計画を立てて、ストレスフリーなグルメレジャーを楽しんでみてはいかがでしょうか?


調査手法:Web定量調査
調査対象: 20代~40代/男性100人・女性100人
調査期間:2018年3月23日~2018年3月25日
有効回答数:200人
調査実施機関:株式会社クロス・マーケティング
写真提供元:PIXTA

関連記事

こどもの日♪ なんで「男の子」だけの行事なの? アレを食べると縁起が良くなるってホント?

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
NYで一大ムーブメントが起きた! 世界中から脚光を浴びている「英国サイダー」とは?
NYで一大ムーブメントが起きた! 世界中から脚光を浴びている「英国サイダー」とは?

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯9:「英国ワインとサイダー」について

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
おいしいワインはどう選ぶ? 飲み方にルールはあるの? 真のソムリエが教えてくれること
おいしいワインはどう選ぶ? 飲み方にルールはあるの? 真のソムリエが教えてくれること

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯8:「ソムリエ」の仕事とは?

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC