「肉・ご飯・肉・ビール・肉…」の連鎖がとまらない! 激うますぎる「タレ焼肉」の原点『新楽井』【鶴橋】

牛、豚、鶏や羊、馬等のテーブルミートから猪、鹿、熊などジビエに至るまで、「肉」と「肉料理」と「名店」を探し求めて日本全国津々浦々、はたまた世界中をMEA-tripする、テレビラジオでご存知!「肉マイスター」田辺晋太郎が、肉を愛する老若男女にオススメする至極の名店をご紹介! それが『BOY MEATS GIRL』。これを見ずして肉を語るなかれ!!

2018年05月11日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 大阪
  • 焼肉
  • 老舗
  • 隠れ家
  • 専門店
  • 連載
  • ビール
「肉・ご飯・肉・ビール・肉…」の連鎖がとまらない! 激うますぎる「タレ焼肉」の原点『新楽井』【鶴橋】
Summary
1.大阪の焼肉タウン・鶴橋にある、焼肉の原点を体験できる『新楽井』
2.炭火でワイワイ、煙でモクモク!「ゴーグル」をつけて焼肉を楽しんじゃおう
3.“タレ焼肉”なら絶対ここ! 肉マイスター・田辺晋太郎も絶賛!

ひたすら焼いてご飯と掻っ込みビールで流し込む、「焼肉の原点」【肉マイスター・田辺晋太郎】

「歴史と伝統」。

どんなにいい素材を集めても、いい料理人を集めたところで創り出すことはできないもの…、それが「歴史と伝統」。

50年以上前から変わらず人をトリコにし続けてきたタレの味。言うなれば店の命ともいえるものは一朝一夕では創り出せない。例え、世界中のセレブを唸らす料理人でさえ、時間をコントロールすることは不可能だ。

創業66年、今日も変わらずたくさんの焼肉好きをトリコにし続けるこの店は、日本一と言われるコリアタウンのすぐそばにある、JR大阪環状線・鶴橋駅から少し離れた住宅街の中にある。

和牛がどうだとか、血統がどうだとか、極上の天然塩で……、とかそんなグルメごっこはここの焼肉の前では実に滑稽。

旨いタレに漬け込んだ肉を七輪で煙モックモクになりながら、ひたすら焼いてご飯と掻っ込みビールで流し込む。それこそが焼肉の「原点」ではないか?

そう、『新楽井』(アライ)を体験していない焼肉人生は「減点」だ。

というわけで、今回「BOY MEATS GIRL」でご紹介するのはこちらの『焼肉の新楽井』。

煙モックモク! ゴーグルをつけて焼肉を楽しむエンタメ感にもうメロメロ

暖簾をくぐるとカウンター越しの厨房で三代目のご主人・北尾徹さんが調理されているのが目に入る。

そのそばには初代であるオモニのお写真も。

また、壁一面には関西の芸能界・スポーツ界の大物の写真やサインがずらっと並ぶ。

人気店の証明です。

あれ? なんだこれは??

なんと! 煙対策ゴーグルが完備されている! しかもそこには……、「最初に言っておきます、煙がしみたらゴメンナサイ」「つこたら入れてな あらうから」(写真上)

もうこの段階でハートをキャッチ! エンタメ感が更なる食欲を促していく。

奥に進み広間のようなところに通されると、あ、本当にゴーグルしてる!! 

待てよ、なんか変だな、テーブル……、低くない?

そう、こちらはおよそ5cmちょいの高さのテーブル(?)の上に七輪を置き、あぐらをかいて食べるスタイル! そして、それぞれの台に換気扇はなく、この部屋の中にいくつかまとめて換気扇がある状態なので、煙いんです(笑)

肉、米、肉、ビールの無限ループにハマるおいしさ!

それではメニューを見てみましょう!

煙よけ対策がここでもしっかりと謳われておりますが、特筆すべきは肉類がすべて200g単位。普通の焼肉店では約80gが一人前ですから、そこをいくとなんともリーズナブル! でも、もちろん少しずつ色々食べたい人にはハーフサイズもあります。

初代のオモニの頃から、ここの名物と言ったらやはりまずはユッケ!(現在は馬肉のユッケ/写真下)

200gということで、かなりボリューミーなので4人で食べても十分な量。

甘く濃厚なタレと生肉の滑らかさが相まって、するするするとこのユッケがのどを潤していきます。

断言できます、このユッケは「点滴」です!

さぁ、点滴で栄養補給した後はいよいよ焼肉!

こちらが盛り合わせ(写真上)。この中にハラミ、ミノ、骨付カルビも入っているので一人の方はこちらだけでも十分に楽しめます。

でもやはり大人数でワイワイがっつり食べたい!っていうときは単品で! なんといっても外せないのがこちら(写真下)のハラミ、そしてミノ。

値段からして和牛ではなく輸入物ながら、このタレと相まっていくことで素材のポテンシャルが何倍にも引き出されています!

むしろハラミに至ってはレアに焼くことによって、この赤身感が最高の歯切れの良さと滑らかなのど越しをもたらして、理性解除スイッチが作動し、ひたすら肉、米、肉、ビールの連鎖が止まらなくなるデンジャーミートでもあります!

次は『新楽井』のメインといっても過言ではない「骨付きカルビ」!!(写真上)

さぁ、ガンガン焼いていきましょう!

骨付きカルビを食べていると、骨から肉を引きちぎる感じがなんとも、「肉を喰ってるぞ~!!」という野生を呼び覚まし、本能で快楽を得られます。

気分はまさに「GET WILD!!」

そして、だいぶ室内もスモークがかかりいい感じになってきます。

『新楽井』の肉を食べずして“タレ焼肉”は語れない!

そう、ここ『新楽井』は本来の焼肉の原点である、

・旨いタレに付け込んだ肉
・炭火でワイワイ 煙りでモクモク
・ご飯とともにビールで流し込む!


といったオールドスクール的な焼肉店を体感できる元祖エンタメ系焼肉店。

近年またタレ焼肉が見直されてきていますが、やはりこちらのお肉を食べずして“タレ焼肉”は語れません。

午後3時から営業というなんとも旅行者にも嬉しい営業時間設定なので、新幹線で帰京する前にサクッと焼肉なんていうのも適しています!

ただ車内で相当焼肉の香りに包まれている自分がいることはお忘れなく~!

美味しかった!!!

あ、そうだ、このお店、なんとお肉をタレに漬け込んだ状態のものを地方発送してくれるんです!

これからの季節、お外でBBQなんてやる際にはまさにうってつけ! ヒーローになれますよ~!!

【メニュー】
焼肉盛り合わせ 1,600円
アカセン(てっちゃん) 1,600円
骨付カルビ 1,900円
ロース 1,900円
ハラミ 1,600円
焼センマイ 1,300円
全7品くらい
※価格は税抜

新楽井(アライ)

住所
〒544-0031 大阪府大阪市生野区鶴橋5-17-28
電話番号
06-6716-1795
営業時間
15:00~22:00
定休日
月曜
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/7kbmxew40000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

ご飯がもちもち! 有機米が驚くほどおいしい、米も具材もこだわり抜いた「有機米おむすび専門店」
ご飯がもちもち! 有機米が驚くほどおいしい、米も具材もこだわり抜いた「有機米おむすび専門店」

1.食材を厳選した最高のおむすびを供する「おむすび専門店」が自由が丘にオープン 2.多彩なサイドメニューに加えて、小豆を使った「甘味」と厳選された「お茶」が楽しめる「和カフェ」としても利用可能 3.おひとり様、ファミリー、グループなど様々なシーンに対応する使いやすい店内

dressing編集部

完全会員制の「肉と牡蠣」のコラボに肉マイスターも絶賛! 大人気焼肉店のヒミツの饗宴「かきにくがとう」
完全会員制の「肉と牡蠣」のコラボに肉マイスターも絶賛! 大人気焼肉店のヒミツの饗宴「かきにくがとう」

牛、豚、鶏や羊、馬等のテーブルミートから猪、鹿、熊などジビエに至るまで、「肉」と「肉料理」と「名店」を探し求めて日本全国津々浦々、はたまた世界中をMEA-tripする、テレビラジオでご存知!「肉マイスター」田辺晋太郎が、肉を愛する老若男女にオススメする至極の名店をご紹介! それが『BOY MEATS GIRL』。これを見ずして肉を語るなかれ!!