パンマニアが夢中! 東京で話題沸騰中の人気ベーカリーまとめ3選

2018年07月01日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • 東京
  • まとめ
  • ベーカリー
  • パン
パンマニアが夢中! 東京で話題沸騰中の人気ベーカリーまとめ3選
Summary
1.パン好き憧れのシェフが開いた神楽坂のベーカリー『パン・デ・フィロゾフ』
2.トリュフ香る大人のパンに注目! 門前仲町の『トリュフ ベーカリー』
3.名店出身のシェフが手がける、東日本橋の愛されパン屋『ビーバーブレッド』

おいしいベーカリーがしのぎを削る東京に、新たに話題性抜群のベーカリーがオープン。腕利きのトップシェフの店からECサイトでの人気に後押しされて誕生した店まで、コンセプトはさまざまだが、どの店からもパンへの熱い想いが伝わってくる。高い技術と繊細な心遣いで焼きあげたパンはいずれも絶品ぞろい。今回紹介するベーカリーを訪ねれば、毎日でも食べたくなるパンとの出逢いが叶うだろう。

『ドミニク・サブロン』の元シェフが開いた神楽坂の人気ベーカリー『パン・デ・フィロゾフ』

『パン・デ・フィロゾフ』のオーナーシェフ榎本哲さんは、パン好きなら誰もが憧れる有名人。パン界の巨匠・志賀勝栄氏に師事するなど数々のパン屋で修業後、パリの高級ブーランジェリー『ドミニク・サブロン』日本進出の立ち上げに携わり、満を持して同店を開いた。

オススメは、フランス産の芳醇なバターと3種の小麦粉を混ぜ合わせた「クロワッサン」。『ドミニク・サブロン』が閉店した後も、あの味が忘れらないとファンが待ち焦がれた逸品だ。

なかでも人気が高いのは、1日に100本は売れるという3種類のバゲット。もしどのバゲットを買おうか迷ったら、まずは中はもっちり、外はサクッと歯切れのよい「アルファ・バゲット」を試してみて!

【店舗情報】
パン・デ・フィロゾフ
住所:〒162-0813 東京都新宿区東五軒町1-8
電話番号:03-6874-5808

>>>このベーカリーを特集している記事を読む

「トリュフづくしのパン」が絶品! 高級食材のECサイト発『トリュフ ベーカリー』

門前仲町にオープンした『Truffle BAKERY(トリュフ ベーカリー)』は、高級輸入食材のECサイト『ハイ食材室』から生まれた ベーカリーだ。

看板メニューはその名も「トリュフ」。生地にトリュフペーストを練り込み、表面に白トリュフオイルを塗り、仕上げに削りトリュフを飾った、まさにトリュフづくしのパン。

初めて訪ねたお客が必ず驚く、ビッグサイズの「クロワッサン」は、通常の2倍の生地で焼きあげている。1つの大きなクロワッサンをシェアして食べるのもオススメだ。

【店舗情報】
Truffle BAKERY(トリュフ ベーカリー)
住所:〒135-0048 東京都江東区門前仲町1-15-2
電話番号:03-5875-8435

>>>このベーカリーを特集している記事を読む

魅力的なパンのラインナップに目がハート! 子供も大人も笑顔にするパン屋『ビーバーブレッド』

銀座の老舗『ブーランジェリーレカン』出身のシェフ・割田健一さんが東日本橋にオープンしたのは、『BEAVER BREAD(ビーバーブレッド)』という名の町のパン屋さん。店にはバゲットや食パンなどの定番から調理パンまで、約40種類が並ぶ。

メロンパンになんと生ハムを挟んでしまった「メロンパンとオテイザの生ハム」。意外な組み合わせだが、ほのかに甘い生地に塩気のある生ハム、ジューシーな巨峰のレーズンがマッチする。

はみ出るくらいたっぷりの明太ペーストが挟まれた「九州の明太フランス」も人気メニュー。ガブっと大きな口で頬張りたい。

【店舗情報】
BEAVER BREAD(ビーバーブレッド)
住所:〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-4-3 1F
電話番号:03-6661-7145

>>>このベーカリーを特集している記事を読む

関連記事

パン好き集まれ! 日本最大級のパンの祭典「パンのフェス2017 in 横浜赤レンガ」が3月に開催決定
パン好き集まれ! 日本最大級のパンの祭典「パンのフェス2017 in 横浜赤レンガ」が3月に開催決定

1.日本最大級のパンの祭典! 横浜赤レンガ倉庫で「パンのフェス2017」開催 2.売りきれ必至! 超人気ベーカリー『シニフィアン シニフィエ』のイベント限定パンも 3. 名店からニューカマーまで、全国各地から注目のベーカリーが出店! 要チェックはこのパン!

dressing編集部