東京で話題の「高級食パン」専門店6選! 大阪発の注目店から行列必至な角食パンの名店まで勢揃い

2018年11月26日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • 東京
  • 二子玉川
  • 新宿
  • 表参道・青山
  • パン
  • 食パン
  • ベーカリー
  • 行列のお店
東京で話題の「高級食パン」専門店6選! 大阪発の注目店から行列必至な角食パンの名店まで勢揃い
Summary
1.二子マダムも殺到の『あずき』、大阪から東京に上陸した『レブレッソ』
2.パンの革命児による『ジュウニブン ベーカリー』、神戸・芦屋から東京へ進出の『PANYA ASHIYA』
3.劇場型食パン専門店『VIKING BAKERY F 南青山』、名物「角食パン」で大人気な『AOSAN』

ぐるなび総研が発表する「今年の一皿(R)」、2018年は「高級食パン」がノミネート!

食をテーマに様々な調査・研究を行っている「ぐるなび総研」が、今年の日本の世相をもっとも象徴する“食”を「今年の一皿(R)」として発表。
こだわり尽くした至福の味わいで今年大きな話題を生んだ「高級食パン」も、2018年「今年の一皿(R)」に見事ノミネートされた。高級食パンの持つ、かつてない口どけや味わいに衝撃を受けた方も多いのではないだろうか。

そこで今回は、都内で大人気を博している高級食パン専門店を6店紹介しよう。

早くも高級食パンの代表格! 二子マダムも殺到の『あずき』【二子玉川】

2018年7月、「玉川高島屋S・C南館」の裏手に誕生した『高級食パン専門店 あずき』。ガラス貼りで開放感があり、店内は白と黒を基調とした和モダンな雰囲気だ。

同店が扱うのはプレーンとあずき入りの食パンの2種類のみ。どちらも「炊き種製法」という、小麦にたっぷりと熱湯を加えお粥状にして練り上げた生地を、一晩寝かして翌日焼く製法で作られる。

おすすめの食べ方は、1日目はそのまま生で。2日目はトースターで焼いて、3日目以降は冷凍で。うれしいことに食パンは1枚からでも購入可能だ。

【店舗情報】
高級食パン専門店 あずき
住所:〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-9-3 ストリーム タマガワ1階B号室
電話番号:03-6431-0302

>>>この店を特集している記事を読む

大阪で大人気『レブレッソ』のふわふわ食パンが、ついに東京で味わえる!【武蔵小山】

2018年7月、東京に初進出した『レブレッソ』で販売する食パンは、「レブレッソブレッド」「ハードトースト」「ジュエリーレーズン」「チーズブレッド」の4種類。

「毎日食べても食べ飽きない食パン」を目指し、1年間試行錯誤を繰り返して完成させた食パンは、耳までふわふわのやわらかさだ。

お店はイートインも可能で、17種類のトーストメニューを提供。バターを重ね塗りしてから“追いバター”をのせた、厚さ4cmの「厚切りバタートースト」など、作りたての味をいただける。

【店舗情報】
LeBRESSO(レブレッソ) 目黒武蔵小山店
住所:〒152-0002 東京都目黒区目黒本町3-5-6
電話番号:03-6712-2780

>>>この店を特集している記事を読む

名店『365日』をつくったパンの革命児による『ジュウニブン ベーカリー』【新宿】

「京王百貨店 新宿店」のデパ地下にありながら、クラシックかつスタイリッシュな雰囲気を放つ『ジュウニブン ベーカリー』。

こちらでは、昔ながらの製法で作られた、日本のパンが持つ食感や口どけを、同店なりに解釈して再現したパンを楽しめる。

一番人気は「ジュウニブン食パン」。水分量は120%で、十二分に水分を与えられたパンは、しっとりとしてみずみずしい。

また、フィリングにあんやようかん、求肥(ぎゅうひ)が使われる「あんぱん」など、遊び心も感じられる他メニューにも注目したい。

【店舗情報】
ジュウニブン ベーカリー
住所:〒160-8321 東京都新宿区西新宿1-1-4 京王百貨店新宿店 中地階
電話番号:03-3342-2111

>>>この店を特集している記事を読む

神戸や芦屋で大行列をつくる伝説のパン屋『PANYA ASHIYA』が東京に進出【駒沢】

お店の近くに広がるのは緑豊かな「駒沢オリンピック公園」。街の雰囲気が芦屋に似ていることから、この地にお店を構えたという『PANYA ASHIYA TOKYO』。

こちらの食パンは耳までやわらかく仕上げた「セレクト」、ほんのりとした甘みとバターの香りが広がる「プレミアム」の2種類だ。どちらも完全無添加で、材料には小麦本来の味わいと甘みをもつ北米産の小麦を使用する。

おすすめの食べ方は、1日目は生食、2日目はトーストで。サクサクとふわふわの食感を一度に楽しめるパンはリピート必至だ。

【店舗情報】
PANYA ASHIYA TOKYO(パンヤ アシヤ トウキョウ)
住所:〒154-0012 東京都世田谷区駒沢4-11-12 パークハウス1F
電話番号:03-6450-7173

>>>この店を特集している記事を読む

こだわり素材のうまみを感じられる、劇場型食パン専門店『VIKING BAKERY F 南青山』【青山】

東京メトロ千代田線「乃木坂駅」から徒歩約3分の『VIKING BAKERY F 南青山』。お店は「劇場型」をテーマにし、窓は全面ガラス張り。厨房の様子や棚に並ぶ食パン、お客さんの姿が外から見えるように設計されている。

一番人気の食パンは「Plain (プレーン)」。材料にはカナダ産一等粉と熊本県産石臼挽き粉を用いる。

「一等粉」は日本酒でいう大吟醸にあたる高品質なもので、熊本の石臼挽き粉は石臼で挽くことによって香りが最大限に引き出される。食べ進むたびに感じる豊かな風味を堪能したい。

【店舗情報】
VIKING BAKERY F南青山店
住所:〒107-0062 東京都港区南青山1-23-10 第2吉田ビル1F
電話番号:03-6455-5977

>>>この店を特集している記事を読む

名物「角食パン」は開店約30分で完売! 大人気ベーカリー『AOSAN』【調布】

京王線・仙川駅から徒歩4分のところにある人気ベーカリー『AOSAN』。こちらの名物「角食パン」は2006年のオープン以来、数多くのメディアに取り上げられてきた。約30分で完売するこのパンを入手するには、開店1時間前から並ぶことが必須だ。

「角食パン」の原材料は3種類の小麦粉と無添加のドライイースト、ハーレー浄水、塩、無塩バター、てんさい糖ときわめてシンプルながら、完成するまで3日を要する。

天然酵母パンの老舗『ルヴァン』で修業を積んだご夫婦が営む同店では、季節や日によって40~50種類ほどのパンをラインナップしており、何気ない日常をより幸福なものにしてくれる。

【店舗情報】
AOSAN
住所:〒182-0002 東京都調布市仙川町1-3-5
電話番号:03-5313-0787

>>>この店を特集している記事を読む

関連記事

『浅草今半』での特別な出逢い! 「すき焼きといえばメルローと相場が決まっている」は本当か?

【ワインマニアック講座 ~幸せのマリアージュ~】マニアがドンドン深みにハマって逃れられないワインの世界。ならば、もっとズボズボっと深みにハマるのも一興。世界中のワイン生産者に出逢い、ワインについて様々な経験・知識を持つ日本屈指のワインジャーナリスト・柳忠之さんがいままでの常識を破るような、知られざる食事とワインのマリアージュをそっと教える。