北海道産素材100%の「メロンパン」!ほんのり甘いメロンとバターの香りで魅了する『勇福堂』

2018年12月26日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • 東京
  • 神田
  • パン
  • 専門店
  • テイクアウト
北海道産素材100%の「メロンパン」!ほんのり甘いメロンとバターの香りで魅了する『勇福堂』
Summary
1.素材すべてが北海道産! こだわりが詰まったメロンパン専門店『勇福堂』
2.水は一切使わない。新鮮な牛乳と生クリームで作るメロンパンは抜群のしっとり感
3.メロンパンのアレンジメニューやメロンパン以外のメニューも充実

素材すべてが北海道産! こだわりが詰まったメロンパン

子供からお年寄りまで幅広い層に人気のメロンパン。シンプルゆえに、イチゴ味や抹茶味といった変わり種が生まれるなど種類も豊富で、メロンパンマニアも出現するほどの人気グルメだ。

そんななか、素材すべてを北海道産にこだわった王道派のメロンパンで話題を集める専門店が誕生した。

JR山手線神田駅、東口を出てすぐ。居酒屋や中華料理店などの飲食店がひしめく並びに2018年9月、「北海道のメロンパン」の看板を大きく掲げてオープンしたのが『勇福堂』(ゆうふくどう)だ。

入り口に大きなショーケースがあり、焼き上がったばかりのメロンパンが次々に並べられる。ほんのり漂う甘い香りに誘われて、道行く人もついついのぞき込んでいく。

ザクザクのクッキー生地と、冷めてもおいしいモチモチパン生地のハーモニー

メニューはシンプルに「北海道の生メロンパン」、「北海道のホイップメロンパン」、「北海道のメロンパンラスク」、「マルコの世界一のアップルパイ」、「キャラメルパイ」の5品のみ。イチ押しのメロンパンを中心としたラインナップだ。

看板メニューの「北海道の生メロンパン」(写真上)。焼きたてのほんわか温かいパンからは、甘いメロンとバターの香りが立ち上り、鼻腔をくすぐる。

上にかぶさったクッキー生地はザックザクの食感でバター風味たっぷり。パン生地は、水を一滴も使わず、牛乳と生クリームのみで練り上げたというだけあって、キメが細かく、しっとり、モッチリとしている。

そして中身が優しいエメラルドグリーン色に仕上がっているのは、天然メロン果汁が使われているため。噛みしめると、じんわりメロンの優しい甘さが染みてくる。

ポイントは、「北海道の新鮮な素材」と「絶妙な発酵加減」

『勇福堂』のメロンパンの生地は北海道で生産されている。こだわりは100%北海道産の材料を使っていること。メロンや牛乳、生クリームだけでなく小麦粉も北海道産だ。

採れたての新鮮な素材を地元の工場で加工することで、北海道の自然の恵みがギュッとつまったメロンパンの元ができあがる。

発酵からオーブンで焼くまでは店内で行っている。発酵のポイントは”発酵しすぎないこと”。よく発酵させると大きく膨らむが、冷めるとしぼんでしまう。

同店のメロンパンは、冷めても変わらないもっちりとした食感が持ち味。これは毎日、その日のコンディションを見ながら、発酵のタイミングを見極めているためである。

ショーケースの後ろにオーブンがあり、焼き上がり時には店内に何とも言えない甘い香りが漂う。焼きたてのメロンパンがこだわりなのだが、厳密に言えば、オーブンから出たばかりのものより、少し落ち着いたものが一番おいしいそうだ。そのおいしい状態に仕上がったメロンパンたちが陳列されていく。

メロンパンのアレンジメニュー、メロンパン以外のメニューも幅広い人気

女性に人気なのが「ホイップメロンパン」(写真上)。メロンパン自体は甘さ控えめで、素材のうまみを味わえるようにしている。ホイップクリームはそれに合うように何種類か試し、軽めのタイプを選んだ。

くどくない生クリームと、ほのかに甘くしっとりした食感のパンとのバランスが絶妙で、ボリューミーだが、ペロリと食べてしまうおいしさだ。

サクサク、ポリポリの食感も楽しい「メロンパンラスク」(写真上)は、看板商品のメロンパンをラスクにしたもの。

ほんのりしたメロン風味はそのままに、砂糖とバターをたっぷり使っている。日持ちもするので手土産にもぴったりだ。

メロンパンと並んで人気なのが「アップルパイ」。当初、店で扱っていたのは、メロンパンだけだったが、9月に発生した北海道地震の影響でパン生地の製造が全てストップしてしまった。

その際に、知人の助けを得て販売するようになったのが、横浜中華街で人気のアップルパイ専門店『世界一の焼きたてパイ ミレメーレ』による「世界No.1シェフが作る世界一の焼きたてパイ」(写真上)だ。

こちらは、数々の料理コンクールで優勝してきたシェフ、マルコ・パオロ・モリナーリさんのレシピで作られたパイ。パイの層がなんと1,000層もあり、ゴロっと大きくカットされたリンゴの甘煮が食べごたえ満点。焼く前の段階のパイを仕入れ、店では焼きたてを出している。

カスタードクリームに豆乳チーズクリームを合わせたものは、チーズクリームの酸味が後味をさっぱりさせてくれる。パイ層とリンゴ、クリームの三位一体のおいしさが人気の秘密だ。
メロンパンが通常通り供給できるようになったが、今後もアップルパイは継続して販売していく予定だ。

”勇ましく、そして焼きたての香りが人を笑顔にするように、皆を幸福にしたい”

これまでベーカリーには縁のなかったオーナーの古川光明(みつあき)さんがメロンパン専門店をオープンしようと決心したのは、知り合いに紹介された、北海道産のみの原料で作られたメロンパンを食べて衝撃を受けたことがきっかけ。

ひと口でそのおいしさにトリコになった古川さん、このメロンパンをもっと多くの人に紹介したいとの想いで店のオープンを実現した。

『勇福堂』という名前は、古川さんのお父様が経営していた『勇福寿司』から取ったという。”勇ましく、そして焼きたての香りが人を笑顔にするように、皆を幸福にしたい”という願いが込められている。

道すがら甘い香りに誘われてメロンパンを買った人たちが、次々とリピーターになっていくとか。メロンパンにソフトクリームを合わせたメニューも現在開発中。神田の街を訪れたら、必ず寄りたい一軒になりそうだ。


【メニュー】
北海道の生メロンパン 240円
北海道のホイップメロンパン 400円
北海道のメロンパンラスク 300円
マルコの世界一のアップルパイ 399円
キャラメルパイ 299円
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。また、価格はすべて税別です。

勇福堂(ゆうふくどう)

住所
〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-2-5
電話番号
03-3527-1281
営業時間
11:00~19:00
定休日
年中無休
公式サイト
https://www.facebook.com/勇福堂-343489273058813/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。