身体にスッと浸透して行くおいしいものだけを。自然派中心のワインとコーヒーの店 不動前『グリフォン』

2019年02月07日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • バー
  • ワイン
  • コーヒー
  • ヘルシー
身体にスッと浸透して行くおいしいものだけを。自然派中心のワインとコーヒーの店 不動前『グリフォン』
Summary
1.静かな住宅地にオープンした、自然なワインとコーヒーを楽しめる店
2.コーヒー1杯、ワイン1杯から、いつでもふらっと立ち寄れる場所
3.肩肘を張らずに国内外の飲み易い自然派ワインと、コーヒー界のカリスマ庄司雄治さん焙煎の『アアルトコーヒー』を

お不動さまと鰻の街「不動前」で、自然なワインとコーヒーを

東急目黒線、「不動前」駅の住所は、品川区西五反田、不動前という住所は存在しない。
ネーミングはもちろん、不動前きってのランドマーク「目黒不動尊(天台宗 泰叡山 瀧泉寺)」から付けられている。日本三大不動の1つにも数えられる、関東最古の不動霊場だ。

歴史は平安時代に遡り、江戸時代からは参拝行楽地として庶民にも親しまれるようになった。門前に立ち並ぶ粟餅や飴、現地名産の筍を使った筍飯などの店が栄えていたと言う。
現在もその名残りを留めるのが老舗鰻店の『八ツ目や にしむら』だ。今も、平日・休日問わず多くの客が訪れ、賑わいを見せている。

そんな『八ツ目や にしむら』のほど近く、国立印刷局の宿舎などが並ぶ静かな住宅地に、ひっそりと溶け込むように建つ自然派を中心としたワインとコーヒーの店が『GRIFFON(グリフォン)』だ。

いつも、胸に貼り付けポケットが付いたヴィンテージのエプロンで決めている内記(洋輝)さんは、20代から、当時「アメカジ」と呼ばれたアメリカンカジュアルのメーカーに勤務。渋谷と原宿の間で青春時代を過ごした。
その中で出会ったいくつもの忘れられない店に通いながら、いつか興味が飲食の世界へとシフト。
友人の飲食店立ち上げに参加、深夜までピザを焼き、サーヴした。いつか、30歳を過ぎようとしていた。

そんな中、レストランに通ってくれる客や、買出しに行く深夜の青果店で見かける同業者たちの中に、なんとなく気にかかる人たちが目立つようになる。
ちょうど富ヶ谷にオープンしたばかりの『アヒルストア』の齊藤さん、当時の雑誌連載で齊藤さんの対談相手だった『オルガン』の紺野さん。先輩の店で出会った『チニャーレ エノテカ』の東森さん…。
彼らはみんな、自分たちの周りで働く飲食関係者とは、どこか違うムードがあった。
休みに出かけたアメリカ西海岸のバークレーでは、当時話題の頂点だったアリス・ウォータースの『シェ・パニース』へ。

その時、自分の中に混在していた点と点が、1つの線となって繋がった。

「何の抵抗もなく身体に入って、じわっとうまいものだけを出していこう、そのためには小さくてもいいから、自分1人、ワンオペレーションでやれる店がいい」。
そんな中、街の煙草屋さんだった今の物件に遭遇。友人たちの力を借りて、念願のワインバーが生まれた。
何のストレスもなく飲めるワインと同じように、身体も心も温かくしてくれるようなコーヒーも置きたい。
そして、コーヒー1杯、ワイン1杯から立ち寄れる店にしよう。

ワインはイタリアやフランスを中心に、ドイツやオーストリア、国産まで、肩肘を張らずに飲み易いものをチョイス。

コーヒーは1度飲んで魅了された徳島の『アアルトコーヒー』を取り寄せている。コーヒー界のカリスマ、庄野雄治さんの工房で丁寧に焙煎された豆をその都度挽いて、1杯ずつペーパーフィルターで淹れる。
徳島県新町のカフェ『14g(ワンフォージー)』でしか飲めなかった『アアルトコーヒー』に不動前で出会えるのも、実は素晴らしいニュースだ。

「ちょっとした小皿料理」とSNSに紹介されているおつまみは、厳選された素材を使いながら極めてリーズナブル。
中には実家の農家で採れた野菜を使ったレシピや、奥さん自家製のメニューもあり、内記さんの優しい人柄とハーモニーを奏でている。

午後から店を開ける土曜日と日曜日には、コーヒーやソフトドリンクのテイクアウトもあるので、コーヒー片手に目黒不動尊の門前を散策するのもいい。
少し足を伸ばして林試の森公園を抜ければ、人気の街武蔵小山もすぐそこだ。

お不動さまと鰻の街不動前に生まれたハートウォーミングなワインバーが、この街の人の流れを少しずつ変えようとしている。

【メニュー】
からつきアーモンド&ドライフルーツ 300円
チーズ盛合せ 800円
天草出島のフライドポテト 300円
揚げレンコン 300円
岩手内記家のポテサラ 300円
かみさんの岩中ポークリエット&パン 350円
無添加ソーセージ(サラダ付き)1本 600円/2本 1,000円
グラスワイン 500円~
ハートランド瓶 600円
コーヒー HOT 400円/ICE 450円
自家製ジンジャーエール 450円
本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。また、価格はすべて税抜です。

GRIFFON(グリフォン) Wine and Coffee

住所
〒153-0064 東京都目黒区下目黒3-16-5 シャトレー関根1F
営業時間
火~金 19:00~24:00、 土・日 15:00~24:00
定休日
月曜 ※月曜が祝日の場合はOPEN15:00~24:00
公式サイト
https://www.instagram.com/griffonwineandcoffee/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

フランス産のブロカントと和装美人の笑顔に癒される静かなワインバー 白金台『salt & plum』
フランス産のブロカントと和装美人の笑顔に癒される静かなワインバー 白金台『salt & plum』

1.白金台にぴったりな品が漂う空間で、和装美人のもてなしに酔う。小さなワインバー『salt & plum』 2.個性的で上質な自然派ワインや蔵付きの酵母で造られた日本酒が揃う 3.6月より新しい展開。朝9時から軽い朝食と昼食、焼き菓子やケーキ提供のコラボがスタート

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
台湾発「フルーツコーヒー」を原宿・表参道で堪能! 『AO TIGER』がコーヒー界に新たな波を起こす
台湾発「フルーツコーヒー」を原宿・表参道で堪能! 『AO TIGER』がコーヒー界に新たな波を起こす

1.24歳の女性起業家と台湾のカリスマバリスタが共同開発した、新感覚のフルーツコーヒー専門店 2.看板メニューは「富士山スノーカバーコーヒー」! 新感覚な味わいでやみつき間違いなし 3.一杯の中でドラマチックな変化が楽しめる「フルーツラテ」も必飲

桑原恵美子
ライター
「チーズ」の楽しみ方が広がる! チーズ尽くしのカフェ&バー『チーズ喫茶 吾輩は山羊である』【高円寺】
「チーズ」の楽しみ方が広がる! チーズ尽くしのカフェ&バー『チーズ喫茶 吾輩は山羊である』【高円寺】

1.昭和レトロな空間でいただくのは、「チーズ」尽くしの斬新なメニューの数々! 高円寺に誕生した”チーズ喫茶” 2.おすすめは、カフェラテにチーズを溶かした「チーズ珈琲」 3.国内外のチーズを20種類以上揃え、軽食からおつまみまでを用意

有川美咲
フードライター
大使館の街・南麻布に潜む真の隠れ家バーは、最上の酒と人が織り成す至福の場所

【連載】幸食のすゝめ #061 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン