スパイスの魔術師のカレー店『コザブロ』は、スパイス飲みができる串焼もうまい魅惑のスパイスバー

【連載】幸食のすゝめ #095 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

2019年10月30日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • カレー
  • スパイス
  • アジア・エスニック
  • 東京
  • 本駒込
スパイスの魔術師のカレー店『コザブロ』は、スパイス飲みができる串焼もうまい魅惑のスパイスバー
Summary
1.和やかさの奥に秘めたスパイスへの情熱、“スパイスの魔術師”の店『コザブロ』
2.夜のスパイスバーで本領発揮、焼きの技術に酔いしれる
3.大本命、個性豊かな4種のカレーで一気に惹き込まれること間違いなし

幸食のすゝめ#095、青い鮫には幸いが住む、本駒込。

「このアイスクリームちょうだい、後ろに書いてある方」、サラサラ髪の男のコがメニューを指差しながら、店主の菅原さんに何度も話しかける。

「ダメだって、それ!カルダモンペッパーでしょ。全然、甘くないから」、「でも、アイスクリームなんでしょ!」、「アイスだけど、スパイスがたくさん入ってて辛いの。大人のおつまみ用だからさ、無理、無理」、「マーマレードの方にしたら? あ、ごめん、今日はもう売り切れちゃってた」。

小さい頃から通っているのだろう、まるで親戚同士みたいに、すっかり打ち解け合っている2人。
隣では、ネパール風に味付けされた大根のスパイス和え、ムラコアチャールをつまみながら、若いお母さんがベルギーの白ビールを飲んでいる。

菅原さんの気さくで和やかなムードが、白と木材を基調とした明るい店の印象をさらに温かく包み込む。カウンター後ろの壁には、ターメリック色で描かれた象と花のイラスト。はしゃいでいる子どもが、絵本の中の主人公に見えてくる。

市場の移転と共に、多くの人気飲食店も引っ越した豊洲市場。場内に並ぶ店の中で、今もたくさんの客を集めているのが、築地以前、日本橋時代からの老舗、菅原さんが働いていたカレー店の『中栄』だ。
朝5時の開店から午後2時の閉店まで常に満員状態、意外にも行列ができないのは提供の素早さと回転のスムーズさにある。

客は着席と同時に、辛口の「インド」か甘口の「ビーフ」、あるいは「ハヤシ」、「合いがけ」と注文。瞬く間に、目の前にカレーが登場する。
最近は、炙りチャーシューなどのスペシャルメニューもできたが、それらですら、提供に2〜3分しかかからない。スパイスバーの原点は、出身店『中栄』にあった。

日本式カレーライスの1つの到達点である『中栄』で調理しながら、どんどんカレーの魅力に引き寄せられ、スパイスに覚醒して行く菅原さん。家に帰れば、ビリヤニやアチャール(インドのピクルス)、南インド料理の試作に没頭した。

スパイスのエッジが立ったインド料理は、ビールやワイン、焼酎にだって合う。前菜で酒を楽しみ、カレーで〆る。そんな店があったら、きっと自分だって通い詰めるだろう。
たくさんつまみを楽しんだ後の〆だから、カレーはSサイズも用意しよう。そうだ! 『中栄』が元祖の「合いがけ」もいい。バーと言ってもカレー屋だから、土曜や日曜、祝日にはランチも出そう。

谷根千散歩の人たちにも、ぜひスパイスの魅力を知って欲しい。

スパイス飲みという新しき魅惑

夜はもちろん、スパイスバーの本領発揮だ。本郷通りから千駄木の団子坂へ抜ける道に『コザブロ』というオレンジ色の看板が灯ると、ターメリックイエローのバータイムが始まる。

まずはスパイシーコールスローや、ひよこ豆のサラダ、チャナチャットでグラスワイン。キャロットラペもいいし、砂肝や貝のピックル、アチャールもいい。迷ったら、3種か5種のおまかせ前菜盛りも用意されている。

鶏やラム、気仙沼産鮫の串焼も絶対にマークしたいメニュー。何故なら、『中栄』前の職場は焼鳥屋、菅原さんは焼きの技術もプロだ。特製スパイスでマリネされた串物は、レモンやミント、ココナッツなどをミックスしたインド風ペースト、ミントチャトニが添えて出される。口に含むと、心はもうケララの風に揺れているだろう。

個性が際立つ4種のカレーたち

主役のカレーは、『コザブロ』ならではのスパイスマジックが炸裂する。
チキンはサラサラでヘルシーなスリランカ風、鮫のカレーにはレモングラスとコブミカンでタイ風のアクセント。でも、主役のアオザメとスパイスがしっかりインドを主張する。人気のキーマはカシア(シナモン)とラムの香りが混ざり合うゴア風味。

ホクホクひよこ豆のチャナマサラは、トマトベースながら濃厚な仕上がりで、肉がなくても大満足。
それぞれの合いがけも出来るし、スモールポーションも選べる。食後にはデザートかチャイを頼んで、スパイシーな夜を締めくくろう。帰り道にはもう、初めて食べた鮫の味が恋しくなっているはずだ。

青い鮫には、幸いが住んでいる。


<メニュー>
おまかせ前菜3種盛800円、おまかせ前菜5種盛1,200円(S)1,000円
焼物200円〜250円、ネギ焼き300円(2串)、カレー各種1,000円(S)700円、
お好みカレー2種合いがけ1,200円(S)900円、ビール600円〜、サワー400円、
グラスワイン650円~、チャイ400円、自家製アイスクリーム380円
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。また、価格はすべて税込です

スパイスバル コザブロ

住所
〒113-0023 東京都文京区向丘2-34-8 1F
電話番号
03-6874-1597
営業時間
(水〜金)18:00-24:00(L.O.23:30)、(土)17:00-24:00(L.O.23:30)、(日)17:00-21:00(L.O.20:30)、ランチ(土日)11:30-15:00(L.O.14:30)
定休日
月曜、火曜 (祝日も含む)
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/phk27b6u0000/
公式サイト
https://www.facebook.com/SpicebarKOZABURO/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

南新宿で18年愛される絶品「カレー」! 昼はカレー・夜はバー、ふたつの顔を持つ『ムーンボウ』
南新宿で18年愛される絶品「カレー」! 昼はカレー・夜はバー、ふたつの顔を持つ『ムーンボウ』

1.昼はカレー店、夜はロックバーになるお店が東京・南新宿にある 2.スパイスをお湯で煮だすという独特なレシピで作るカレーは、油分少なめで体にやさしい味わい 3.物腰がやわらかい店主の人柄も魅力的で、思わず通いたくなってしまう!

名久井梨香
フリーライター、カレー愛好家
大阪の超人気店『ゼロワンカレー』が東京・三田に移転!さらにパワーアップした「南インドカレー」の魅力
大阪の超人気店『ゼロワンカレー』が東京・三田に移転!さらにパワーアップした「南インドカレー」の魅力

1.スパイスカレーの激戦区・大阪で人気の『ゼロワンカレー』が、なんと東京・三田(田町)に移転! 2.南インドの「ミールス(定食)」スタイルのカレーを、大阪時代よりパワーアップさせて提供 3.店主の奥様が作る本格スイーツも、カレーに負けないほどの人気ぶり!

桑原恵美子
ライター
人生でたった一度だけ、ひと口食べて泣きそうになった珠玉のカレーのこと

【知られざるいい店のすゝめ】あの口コミサイトに載っていない店。地元民しか知らない店。裏通りや駅から少し遠くにある店……。街にはまだまだ知られざる店がある!街と店と絡み合ってきた人生の中で食の賢人・松浦達也が辿り着いた珠玉の一軒を紹介する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト