広尾の隠れ家中華『SION』で、エネルギー溢れる中華料理を堪能!無化調でヘルシーな火鍋&担々麺は必食

広尾のモダン中華料理店『SION(シオン)』をご紹介。コンクリート打ちっぱなしのおしゃれな店内で食べられるのは、オーガニック野菜、無化調、豊富なスパイスetc…カラダが喜ぶヘルシーな中華料理。素材を生かした調味に定評がある『SION』だが、なかでも「特製薬膳火鍋」と「担々麺」が大人気。女子会やデートに使える中華料理店としてぜひ押さえておきたい!

2020年04月10日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 中華料理
  • 中国料理
  • 広尾
  • 東京
広尾の隠れ家中華『SION』で、エネルギー溢れる中華料理を堪能!無化調でヘルシーな火鍋&担々麺は必食
Summary
1.オーガニック野菜、無化調、豊富なスパイスetc…身体が喜ぶ中国料理店『SION(シオン)』
2.中国料理『聘珍楼』の他、和食店でも修業を積んだシェフが腕を振るう広尾の新店
3.「特製薬膳火鍋」や「麻婆豆腐」はテイクアウトも可能!(2020年4月10日現在)

和のエッセンスを取り入れた、鎌倉&鹿児島野菜たっぷりの中華料理

食べるほどに温まり、身体の巡りがよくなることを実感できるのはうれしい。オーガニック野菜や無化調スープ、種類豊富なスパイスをたっぷり使った、広尾『シオン(SION modern Chinese)』の料理もまさしく、そうしたパワーに満ちている。

2019年12月のオープン以降、「おいしくて健康になれる」と近隣住民や美容・健康への関心が高い女性たちから熱く支持されているのだ。

シェフの戸口田正太さんは、『聘珍楼(へいちんろう)』をはじめとする中国料理店の他、広島の料亭や銀座の創作和食店など多岐にわたる店で修業。さらに石川・金沢や京都など全国を回りながら、中国料理と和食のフィールドを中心に腕を振るってきた。

「和食と広東料理を主に経験してきましたが、どちらも素材そのものを生かす調理という点では共通しています。料理の世界に入ってから一度も化学調味料を使ったこともないですし、『SION』でもそのスタイルは変えず、身体によい中華料理を作っていきたいです」(戸口田さん)

その結果辿り着いたのが、和のテイストを取り入れ、素材を活かしたシンプルな中華料理。地元・鹿児島から取り寄せた野菜や黒豚、鎌倉のオーガニック野菜を使うだけでなく、カウンター席には、戸口田さんの父親が漬けたスズメバチの酒なども並ぶ。

料理は、コース、アラカルトともに用意。
身体想いの食材がたくさん入った「火鍋」なども単品でオーダーできるので、仕事終わりにふらっと立ち寄り、滋味豊富な食べ物で心身を充電したい日などにもぴったり。

世界大会金賞受賞の味を楽しめる「前菜盛合せ」は、お酒がぐいぐい進む

コースでまず提供されるのは、「オーナーシェフ出田貴幸氏プロデュース×創作中華[SION]オーナーシェフ 戸口田正太 世界大会金賞受賞時の前菜盛り」(写真上)。

同店をプロデュースしている、六本木『鈴音』店主の出田貴幸さんが、2012年に「中国料理世界大会」で金賞を受賞した際のメニューを中心に構成されている前菜だ。

右側のオレンジ色の一品は、「衣笠竹のズワイガニ鋳込み(いこみ)」。
ズワイガニを衣笠竹(キヌガサタケ)で巻き、その外側に、とびっこをだしで固めたものでまとわせるという手の込んだ一品だ。とびっこのツブツブ食感は、ゼリー状になっても残ったまま。コリコリ食感の衣笠竹と一緒に口にすると、異なる食感を同時に味わう楽しさも。魚卵、きのこ、ズワイガニともにうまみ成分が強いことは言うまでもなく、これひとつで二杯目のお酒をオーダーしたくなってしまいそう。

その左隣は、「うずら皮蛋明太子チーズ包み」。
クリームチーズに明太子を合わせたもので皮蛋(ピータン)をくるんだ、愛らしい見た目の一品だ。独特の香りを放つ皮蛋だが、クリーミーなチーズにくるむことで全体的にまろやかさがアップしていて、やさしい食感がクセになりそう。明太子を加えているため、魚の卵と鶏の卵をひと口で味わえるというところもユニークだ。

奥にあるのは、「薩摩鶏白レバーの赤酒漬け」。

「赤酒(あかざけ)」とは、古くから熊本に伝わる地酒のこと。発酵後、しぼる前に木灰(きばい)を加えて造ったお酒で、名前の通り赤い色であることが特徴だ。このお酒に漬け込んだレバーは、コク深さが増した濃厚な味わい。火加減を調整しながら加熱調理されているため、しっとりとした食感も楽しめる。

添えている野菜は鎌倉産の根菜。土の栄養をたっぷりと貯えた力強い野菜は、黒酢+黒胡椒+白ゴマの爽やかなドレッシングと相性抜群だ。

山椒の痺れと濃厚なコク! 豆腐の中までうまみが染みわたる「麻婆豆腐」

刺激的な料理がお好きならぜひ試してほしいのは、「SION特製麻婆豆腐」(写真上)。

出来立て熱々を、コンロで熱した土鍋に投入して提供してくれるので、熱が持続して身体が芯から温まる一品だ。

熱をしっかりと通しているためか、豆腐の中までうまみが染み渡って圧巻のコク深さ。山椒の刺激も心地よく、じんわりと汗がにじみ出てくるのがまたいい。発汗によるデトックスで、食べた後スッキリするという人も多いのだとか。

プリッと歯切れの良い麺に濃厚スープが絡む絡む! ランチでも大人気の「担担麺」

デトックスの心地よさは担担麺でも楽しめる。無化調のコク深いスープ、のど越し抜群の麺、鹿児島産黒豚を贅沢に使った肉味噌、オーブンでグリルした4~6種類の根菜の組み合わせが絶妙な「こだわり濃厚胡麻スープと鎌倉野菜の担担麺」(写真上)は、同店の看板メニュー。

ラー油、山椒油にすりたてのゴマを加えてつくるスープ、甜面醤(テンメンジャン)にニンニク、生姜、醤油、豆板醤を加えて甘辛く仕上げた肉味噌ともに、一つひとつを手作り。トッピングのカシューナッツも、ローストして香りを出しているというこだわりようだ。

麺は、『聘珍楼』時代から付き合いのある大阪の製麺所のものを使用。プリッと弾力のある麺に濃厚スープがよく絡み、つるつると食べ進める箸が止まらないこと必至だ。

ちなみにこちらのメニューはランチでも提供。サラダと白米がセットになって1,000円というお得な価格で、ランチタイムに訪れるお客の多くがリピートしている人気メニューだ。

医食同源を体感! 特製の「薬膳火鍋」はディナー人気No.1

最後に紹介するのは、「医食同源(食事から病気を予防、治療する考え方)」を堪能したいときに試してほしい「薬膳火鍋」(写真上)。

数十種類の漢方食材を摂取できるヘルシーな火鍋は、スパイシーな薬膳麻辣、まろやかでコクのある白湯(パイタン)の2種のスープを楽しめる。

具材となる野菜は季節によって異なるが、常時15種類前後。鎌倉産オーガニック野菜および戸口田さんのお父様が手掛けた自家製鹿児島食材が豊富に盛りつけられたお皿が運ばれてくると、見た目にも華やかで気持ちも最高潮に! 豚肉は鹿児島産黒豚、ラムはオーストラリア産を用意。

熱々の料理をゆったりと楽しめる、広々空間も魅力

カウンター席の他、店内奥には空間を広くとったテーブル席や個室も用意されているので、家族や友人とくつろいだひとときを満喫したいときにもうってつけ。

広々とした窓からは、春には満開の桜を望める。開放的な景色を眺めながら、滋養たっぷりの中華料理をいただけば、心身ともにエネルギーチャージできそうだ。

栄養豊富なハチミツ酒やスズメバチ酒はシェフのお父様手造り

滋養豊富な鍋を美容と健康作りに役立てたいなら、ぜひ併せて注文してほしいのが、戸口田さんのお父様お手製の「自家製蜂蜜酒」(写真上・中心)。希少な日本ミツバチの巣を、採取直後に鹿児島県産の芋焼酎に漬けて熟成させた一杯だ。

栄養価が非常に高く、風邪の引き始めなどに飲めば体の内側からじんわりと温まる感覚があるだろう。

また、採取した大雀蜂(オオスズメバチ)をそのまま芋焼酎に漬け込んで熟成させた「自家製スズメバチ酒」(写真上・右奥)もインパクト大。スタミナ不足を感じているときなどにぜひ試してほしいメニューだ。

このほか、日替わりのクラフトビールや薬膳種サワー、果実酒や紹興酒など幅広くラインナップ。今後は、オーガニックワインも豊富に揃える予定だそう。

それにしても、食材だけでなくスズメバチ酒まで手造りするお父様とは一体どのような人なのだろう…?

その質問に対する戸口田シェフの答えは「仙人みたいな人」。興味を持ったことに熱中する性格は昔から変わらずで、店内に飾られている大型のオブジェ(写真上)も、20年前にお父様が創られたものなのだとか。流木の根っこを龍の身体に見立てて組み立てたオブジェは、ニスを塗らずに磨き上げているため、時を経た今も劣化がなく、神々しさをいっぱいに放っている。オブジェを背景に立つ戸口田さん(写真下)も、「うちの守り神なんです」と誇らしげな表情だ。

子どものころは、のんびりと好きなことをしてばかりの父親に反発心を抱いていたというが、今やその父にしか生み出せない味わいに感服させられることも多いという。日々、戸口田さんをそばで支えるソムリエ同様、お父様もこの店の大切なスタッフの一員なのだろう。

父と子の二人三脚によって誕生したメニューも数々揃う同店。戸口田さんのエピソードに耳を傾けるうち、身体だけでなく心も健全に整っていきそうだ。

【メニュー】
・こだわり濃厚胡麻スープと鎌倉野菜の担担麺 1,300円
※ランチは、担担麺+サラダ+白米のセットで1,000円

・オーナーシェフ出田貴幸氏プロデュース×創作中華[SION]オーナーシェフ 戸口田正太 世界大会金賞受賞時の前菜盛り 1人前1,000円

・SION特製麻婆豆腐 1,200円
・SION薬膳火鍋 2,500円
・自家製蜂蜜酒 1ショット2,000円
・自家製スズメバチ酒 1ショット2,000円
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。また、価格はすべて税別、ディナーのみ別途サービス料がかかります。

撮影: 登坂未来

SION(シオン)modern chinese

住所
東京都港区南青山7-14-6 本間ビル4F
電話番号
050-3468-9596
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
月・火・金~日・祝前日・祝日
ランチ 11:30~14:00
(L.O.13:30)

月・火・木~日・祝前日・祝日
ディナー 17:00~22:00
(L.O.21:00、ドリンクL.O.21:00)
定休日
水曜日
毎週水曜日全日/月曜日ランチ
10月10日(土)は振替でお休みを頂いております。
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/gdsnmfv60000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。