代々木上原、野菜が素晴らしい自然農レストランを超毒舌評論家、友里征耶が褒めた

時に「過激なまでに辛口すぎる」レストラン評論で論争を巻き起こす、友里征耶氏。罵詈雑言すら厭わない彼が褒める店とは?「珍しく」褒めた店を氏の目を通して解説していただく。

2015年09月14日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 代々木上原
  • 野菜料理
  • 連載
代々木上原、野菜が素晴らしい自然農レストランを超毒舌評論家、友里征耶が褒めた
Summary
・無農薬無肥料で固定種を露地栽培した野菜
・千葉県佐倉市にある自社農園から毎日届く
・年間150種の野菜を育てる

友里征耶って誰だ?

今月からこのコーナーに参加することになりました友里征耶です。
巷では「辛口料理評論家」と一歩下がって見つめられ、飲食業界では「悪口料理評論家」として忌み嫌われているようですが、友里が目指したのは一般客の一般客による一般客のためのレストラン評論であります。

マスコミ媒体に露出している料理評論家やフードライターたちは、名乗ってから店を訪問して料理を食べますから特別待遇を受けてしまうのは想像に難くない。原稿料や印税などの収入は知れていますから、取材費(食事代)を節約しなければライター稼業はやっていけない。つまりそこに、店側からの「タダ飯誘惑」や「超値引き待遇」という抱き込み戦略のつけいる隙が生まれてしまうのです。

友里征耶はそんな癒着構造と決別した真の店評論、つまり名乗って予約を取らない「覆面取材」で、評論家としての採算を度外視した取材となる「完全自腹」をモットーにしております。マスコミや飲食業界の煽りに惑わされず食材の質と味本位を第三者的に判断、CP(コストパフォーマンス)を重視した「一般客目線」を貫いていると自負しております。

F1種ではなく、固定種。しかも、無農薬無肥料の野菜を堪能する。

さて、この代々木上原にある野菜を重視した創作料理店「WE ARE THE FARM」。
初訪問で「また再訪したい」と思って店を後にした友里にとっては珍しい店であります。(たいていは、また食べログやマスコミに釣られてしまったと後悔して店をでます)

家族と地方から帰宅した日曜日の夕方。当然夕食の用意がありませんから外食先を探さなければなりません。
1年半前からダイエットに取り組み10キロほどの減量を行い、維持している身としましては、飛び込み外食(接待や記念日のディナーではない)ですからカロリー摂取は控えたい。よって野菜を中心にした献立を用意している店をネットで探したのであります。

野菜ブームなんでしょうか、イタリアンや和風などのジャンルで野菜をウリにしているチェーン店などが検索で沢山引っかかりましたが新鮮味がない。そんな中、普段の行動範囲(港区や中央区)から外れていましたが、

固定種の野菜

というキーワードに興味を持ったのです。
無農薬やオーガニックという単語は巷に溢れていますが、「固定種」とはなんぞや。簡単に言えば、良いところ取りを狙った掛け合わせである現在全盛の「F1種」(交配種)ではない、親から子・子から孫へと代々同じ形質が受け継がれている種とのこと。一般に

野菜本来の独特の味わいが楽しめる

と言われているようです。

友里征耶が驚いた味わいとは?

友里が訪問してまずその味わいに驚いたのが、この店のウリのなかでも特にオススメという

ケール

シーザーサラダ仕立てで食べましたが、野菜好きな友里でもハーフで充分と思われるほどのボリュームでCPが良いのですが、その独特の味わい(苦いとか食べにくいというものではなく、「ザ ヤサイ」という感じ)が気に入ってしまった。

そして見たことがないほど太くて大きいオクラやニンニク、そして旨みのある人参など片っ端から頼んでしまった。

野菜の調理は生か鉄板焼きで提供、とヘルシー志向の友里が好きな「ココット調理」(蒸し)がないのが残念ですが、一般客受けする味付け(濃い味です)は若い人にもウケるのではないか。〆に食べたガーリックライスも、高菜とニンニクが効いていてジャンキー風ながら美味しかった。

日曜営業で食べログ評価も低いので予約が簡単と使い勝手の良い野菜料理店。
近くにあればちょくちょく行きたい店でありますが、固定種、もとい、話しの種に一度は訪問されることをオススメします。

<料理上から>
・オーガニックケールのワイルドシーザー890円(ハーフ500円)…よくあるケールのような嫌な苦味が皆無
・世界一トマト バジルとフレッシュチーズ (モッツァレラ アメリカ産)1350円…6時間煮詰めた「世界一トマト」をベビーバジルのソースとフレッシュチーズで
・本日収穫。畑の鉄板焼バーニャカウダ 3200円(ハーフ1800円)…日替わりで様々な野菜が味わえる。鉄板焼だけではなく、それぞれ適した調理法で。ディップは塩、味噌、醤油麹とバーニャカウダソースの4種類

<その他のおすすめ>
オーガニックケールの完全無添加ビネガーサラダ890円(ハーフ500円)、魁ピーマンの肉詰め420円、ニンニク焼き680円、野菜のアイス食べ比べ650円、国産和牛のフィレステーキ2900円、地鶏の鉄板グリル 63℃低温調理 2150円

写真・中庭愉生

WE ARE THE FARM

住所
東京都渋谷区西原3-24-10 1F
電話番号
03-5738-7744
営業時間
18:00~0:00(L.O.23:30)、土・日11:30~14:00(L.O.13:30)、18:00~0:00(L.O.23:30)
定休日
定休日 不定休
公式サイト
http://www.wearethefarm.co/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

早くも本年度フレンチ界最大のニュースに、伝説のあのレストランが街に帰ってきた

【連載】幸食のすゝめ #059 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
今すぐ予約を!世界の美食家が注目する『プジョル』が、期間限定ポップアップレストランとして日本初上陸
今すぐ予約を!世界の美食家が注目する『プジョル』が、期間限定ポップアップレストランとして日本初上陸

1.メキシコで最も影響力のあるシェフ、エンリケ・オルベラ氏がポップアップレストランを4夜限定で開催 2.世界の美食家が注目する『プジョル』のモダンメキシカンを東京で堪能できる 3.開催場所は数々のコラボイベントを実現してきた、食の殿堂「マンダリン オリエンタル 東京」

dressing編集部