大阪・80年を超える老舗洋食店でしか味わうことのできない2つのカレーライスのこと

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

2017年02月06日
カテゴリ
賢人コラム
  • 食文化
  • カレー
  • 洋食
  • 大阪
  • 連載
大阪・80年を超える老舗洋食店でしか味わうことのできない2つのカレーライスのこと
Summary
1.創業は昭和元年と昭和8年。大阪の中でも特に長い年月に渡って親しまれてきた洋食店
2.インパクト重視のカレー専門店に比べ、だしの利いた優しい味わい
3.オムライスの名店であるからこそカレーが美味しくなる?

世の中のカレー好きほどカレーを食べるほうではないし、カレー専門店は年に2~3回くらいしか行かない。
けれども洋食店のカレーライスは大好きだ。
オフィスのある大阪には行きつけの洋食店が数軒あるが、そこではカレーを食べていることが多い。

洋食については、「お好み焼きとうどんと鮨(たまに洋食)は、近所のがうまい」などど『「うまいもん屋」からの大阪論』(NHK出版新書)のあとがきにも書いたが、食べ慣れた洋食店の「カレーの味」は、わざわざ定評のフライもののランチセットや名物のハンバーグを他所の街に食べに行くのとは、違う味覚なんだと思う。

カレー専門店には出せない味

また、わたしの地元となる大阪キタやミナミでカレー専門店に行かないのは、カレーが食べたくなるとキタなら北新地の『山守屋』、ミナミなら東清水町の『明治軒』に行って食べるからだ。

この2軒の洋食店は「カレーを食べたくなる」と行く場合と、ランチ時に一人でフラッと入って「なんにしようかな」とメニューを広げ、「やっぱり今日はカレーかな」となる2通りの場合がある。
さらに夜は、ポークカツや今の季節ならカキフライといったグリルメニューでビールを飲み、最後にカレーライスを食べるというパターンも多い。

洋食店のカレーはコックさんがひとつずつ丁寧につくってくれる。
これはわたしだけの印象かも知れないが、カレー専門店のカレーはやたらガツンと効いた辛さ具合やインパクト重視の傾向があって、それに比べると洋食店のカレーはおとなしい。

だからこそ大阪のうどんのように「だしが利いている」味の奥行きや各店の個性が出ていておいしいのだ、と思う。

昭和ひと桁から“キタ”で愛され続ける洋食店

北新地の『山守屋』は昭和8(1933)年創業。
毎日新聞社(現・堂島アバンザ)裏のコロッケ屋台がルーツで、敗戦後すぐに北新地の現在の場所に店を移した。
ハンバーグが名物で、サントリーの会長だった佐治敬三さんが常連で、正月には佐治さんがいる山崎工場まで料理を運んだ逸話がある。

『山守屋』のカレーライスは600円。カツカレーは1,200円だ。
カレーショップでは、ふつうのビーフが650円ぐらいだとするとカツカレーは850円ぐらいだ。トッピングされるトンカツは200円ということか。
もちろん専門店ゆえのサービスなんだろうが、安すぎるトンカツは「どんな肉やねん」と信用できないというわけではないが、あまり食指が動かないのだ。

『山守屋』のカツカレーには、人気グランドメニューのポークカツレツがそのまま載っている。
ポークカツレツの値段は750円で、カツカレー-カレー=600円だから、なるほどつけ合わせの分を引いたそのままの値段なのだろう。明解である。

カレー自体は小麦粉とカレー粉にニンニク、ショウガ、玉ネギを炒めてルウをつくる。
ブイヨンは牛からとったもので、とろみはルウ自体の小麦粉由来。

名物オムライスがあるからこそ味わい深いカレー

ミナミ『明治軒』はさらに古くて昭和元(1926)年創業。
オムライスが絶大な人気で、多くの客がそれに牛串カツ3本か5本、銀串(豚ヘレと野菜の串カツ)のセットを注文している。

この串カツセットはカレーにもあって、串カツだけ先にソースをかけて食べ、ビールを飲んでからカレーに移るというパターンが多かったが、「おすすめメニュー」に「カツカレー」(1,050円)が挙がっていたのでそれを注文。

以前雑誌の取材で聞いたのが以下。
客の8割がオムライスを注文する。大量に注文されるそのオムライスは牛のモモ肉をペースト状に煮込んだものがベース。その時出る肉のスープをカレーに使うとのこと。

小麦粉とカレー粉を炒める伝統的な英国流カレーだが、独特の味わいは大量に出るオムライスがあってのこと。

山守屋

住所
〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島1-2-32 トヨタビル1階
電話番号
06-6341-2446
営業時間
11:00~14:00、16:30~20:00、土曜11:00~14:00
定休日
日曜・祝日

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

明治軒

住所
〒542-0085 大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-5-32
電話番号
06-6271-6761
営業時間
11:00~15:50、17:00~22:00(火曜のみ~21:30)
定休日
水曜(祝日の場合は翌日休)
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/kafx900/
公式サイト
http://www.meijiken.com/meijiken.html

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

なぜ正月に「雑煮」を食べるのか? 日本人なら知っておきたい、雑煮のルーツと江戸雑煮のおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
なぜ年末に「年越しそば」を食べるのか?【日本料理研究家/江戸懐石近茶流嗣家・柳原尚之】

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載では、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピを随時紹介します!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
【dressing読者は期間限定で入店可能に!】オトナが注目する街・四谷荒木町の紹介制隠れ家

【連載】幸食のすゝめ #055 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
「日本酒」選びに迷ったら? 騎士団オフィシエがこっそり教える、年末年始に飲むべき旨い「日本酒」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯3:年末年始にオススメの「日本酒」

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC