口コミ評価4.5オーバーの東京を代表するレストランでいただく知る人ぞ知る1本

【連載】金曜日のシャンパーニュ week17  ここ数年、シャンパーニュを飲む人が増えている。香り、味わい、爽快感…他の「泡」では得られない満足感はシャンパーニュならでは。そこで、ちょっとリッチに過ごしたい金曜の夜に飲みたいシャンパーニュを日本を代表するワインジャーナリストでシャンパーニュ通として知られる柳忠之さんにセレクトしていただいた。

2016年04月29日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • フレンチ
  • ワイン
  • 東京
  • 西麻布
  • 連載
口コミ評価4.5オーバーの東京を代表するレストランでいただく知る人ぞ知る1本
Summary
1.隠れた名産地で栽培されるシャルドネ
2.一本ずつ手作業でデゴルジュマン
3.ミシュラン2つ星&アジアのベストレストラン16位の実力店

暖かくなり始めると、つい手が伸びてしまうシャンパーニュは、白ブドウのシャルドネのみから造られたブラン・ド・ブラン。ブラン・ド・ブランといえば、誰しもコート・デ・ブランのグラン・クリュ、すなわちアヴィーズやクラマン、メニル・シュール・オジェのものこそ最高と信じて疑わない。それは決して間違いではないけれど、もうひとつ、見過ごせない産地がある。メニルから80キロ南に位置するモングーだ。

モングーはオーブ県に属する小さな村。アンドゥイエットが名物のトロワのすぐ近く。シャンパーニュのブドウ産地としては、ここだけポツンと孤立している。

コート・デ・ブランでもなければ、オーブの中心産地であるコート・デ・バールにも属さない。ただし、栽培されているブドウ品種はほぼ100パーセント、シャルドネである。というのも、ピノ・ノワールがおもに栽培されているコート・デ・バールはキンメリジャンの粘土石灰質土壌。それに対してモングーは、オーブ県ながらコート・デ・ブランと同じ白亜質土壌(チョーク質)だ。ただコート・デ・ブランと比較すると、モングーのほうが1万5000年ほど古いらしい。

モングーにどれだけの栽培農家がいて、そのうちの何軒がシャンパーニュ造りまでしているかは定かでないが、モングーのテロワールを知るのに最適の造り手が「ジャック・ラセーニュ」。現当主のエマニュエル・ラセーニュは99年に家業を継ぎ、独自の手法により素晴らしいシャンパーニュを醸造している。

ブドウ栽培はビオロジック。醸造では酸化防止剤をほとんど使わず、圧搾時に果汁の酸化を避けるため少量加える程度。アルコール発酵は自生酵母による自然発酵で、瓶詰め時のろ過もしない。

モングーのシャルドネは簡単に11〜12.5パーセントまで糖度が上がってしまう。それでも酸がぼけないのはチョーク質のテロワールのおかげ。ただし、ベースワインのアルコール度数が高めだから、瓶内二次発酵のために加える糖分と酵母は少なめにしている。その分、発生する炭酸ガスの量も控えめの5気圧程度。クリーミーな泡立ちが口中に心地よい。

デゴルジュマン(澱抜き)は一本一本手作業のア・ラ・ヴォレ。ドザージュはゼロながら、クリーミーな泡立ちと成熟感のある味わいのおかげで、ゼロドザージュものに時折見られるギスギスした刺激がないのも好ましい。

ジャック・ラセーニュの「ヴィーニュ・ド・モングー」が飲めるのは、ミシュラン二つ星の南青山「レフェルヴェソンス」。ミシェル・ブラス洞爺やファット・ダックで研鑽を積んだ生江史伸シェフの料理はまさにテロワールの再現。スペシャリテの蕪のローストは、ジャック・ラセーニュと見事な調和を見せてくれるだろう。

<価格>
ジャック・ラセーニュ・ヴィーニュ・ド・モングー 12,000円

※柳忠之さんのスペシャルな記事『キンメリジャンがワインに何を与えるのか?~ワインマニアのためのテロワール講座その1~』はこちら

L’Effervescence

住所
東京都港区西麻布2-26-4 HOWA西麻布1F
電話番号
03-5766-9500
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
ランチ 12:00~16:00
(L.O.13:30)
ディナー 18:00~23:30
(L.O.20:30)
定休日
月曜日・日曜日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/6a7366fy0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。