店で何をどう食べるかまで情報に操られている、あまりにもショボすぎる日本の「子ども」なオトナのこと

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

2016年09月14日
カテゴリ
コラム
  • 食文化
  • プレミアム記事
  • バー
  • 食事マナー
  • 気遣い
  • 連載
店で何をどう食べるかまで情報に操られている、あまりにもショボすぎる日本の「子ども」なオトナのこと
Summary
1.街場の飲食店で重要なこととは何か?
2.おカネを払えば客は何をしてもいいのか?
3.“子ども”ばかりの今の日本の問題

“子ども”相手の店や業態は長続きしない

街の「うまいもの」を食べようとする人にとって、「ターゲットは、20代の若い女性です」、なんていう飲食店を今どきわざわざより好む人はいないと思うが、街の初心者である“子ども”をターゲットにして商売をしている店はやはり多い。

が、おもちゃ屋さんや駄菓子屋さんと違って、飲食店の場合、“子ども”をメイン顧客として想定する店舗や業態は長続きしない。

おいしい料理やうまい酒は、流行ベースで変わってしまうものではない

“子ども”の消費嗜好は、かいつまんで言うとおもちゃやキャラクターやぬいぐるみショーである。だからすぐに飽きるしいつまでも無知のままだ。
「いつまでもおもちゃや遊園地に行って遊んでいたらダメだ」と言うと、ふくれたり泣き出したりする。だからまた新しいおもちゃを買い与えないと、グズりわめき続ける。

そういう“子ども”の欲求をターゲットにして、その都度商品を開発したりするも当然アリだし、商売としてはなかなかエキサイティングなものだろう。
ただそういうのは家庭でのみやっていてほしい。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

お客様は神様と考える輩が街と店を退屈にさせることについて
お客様は神様と考える輩が街と店を退屈にさせることについて

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

店から「人間として小さい」と思われる客にならないための「客力」の鍛え方
店から「人間として小さい」と思われる客にならないための「客力」の鍛え方

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

【京都のホントの遊び方】カネのことばかりを考えて遊んでいる限り、祇園や先斗町への道のりは遙かに遠い
【京都のホントの遊び方】カネのことばかりを考えて遊んでいる限り、祇園や先斗町への道のりは遙かに遠い

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

パスタは極太の時代へ!? イタリア発の食材に女子が夢中
パスタは極太の時代へ!? イタリア発の食材に女子が夢中

【ぐるなび旬ワード】|フードのネクストブレイクを探せ! 飲食店情報検索サイト「ぐるなび」に蓄積された飲食店のメニューデータやユーザーが検索したワードをはじめ、TVやWEBニュースからも抽出した料理・食材を、dressing編集部が独自に調査・分析。さらにぐるなびユーザーへのアンケート調査にて精査した上で、次にブームになりそうなグルメトレンドを「旬ワード」として発表していきます。

dressing編集部

地元の客から「邪魔者」と疎まれるような態度でいると、「うまいものにありつけない」ということについて

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?