『ミシュランガイド東京 2019』で初めて一つ星として掲載! 食通を虜にする注目レストラン10選

2019年02月22日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • 和食
  • フレンチ
  • イノベーティブ
  • 割烹
『ミシュランガイド東京 2019』で初めて一つ星として掲載! 食通を虜にする注目レストラン10選
Summary
1.『ミシュランガイド東京 2019』にて初めて一つ星の評価を受けた、注目店10選!
2.さまざまなジャンルの実力派が勢揃い、今後さらに人気がでると予想される店ばかり
3.名店の料理人が独立した店、10年以上愛される和食店、期待の若手による新店など

『ミシュランガイド東京 2019』にて、初めて一つ星の評価を受けた注目のレストラン!

世界で29か国、国内16エリアで現在発行されている『ミシュランガイド』。今回は『ミシュランガイド東京 2019』にて、初めて一つ星の評価を受けたお店の中から、過去に『dressing』で紹介した店を集めた。

和食やフレンチなど、さまざまなジャンルの実力派が勢揃いしている。今後さらに人気がでると予想される店ばかりなので、ぜひチェックして欲しい。

旬の素材を最大限に活かす日本料理が魅力。食通の通うエリア・荒木町の『たつや』

食通が足しげく通う四谷・荒木町エリアにある『荒木町たつや』は、「日本の食材と日本のお酒」がコンセプトの和食店。

神楽坂の名店『神楽坂 石かわ』一門で研鑽を重ねて独立した石山竜也さんの料理は、旬の食材の魅力を最大限に引き出すための創意工夫が随所に光る。

「甘鯛のかぶら蒸し」やお造りからなる8品のコースが基本。21時以降はアラカルトも楽しめる。アルコールは日本酒のほか、日本ワインも幅広く扱っており、旬の日本料理とお酒に酔いしれたい。

【店舗情報】
荒木町たつや
住所:〒160-0007 東京都新宿区荒木町10 タウンコートナナウミ1階
電話番号: 03-6709-8087

>>>この店を特集している記事を読む

名店で経験を積んだシェフが見極める”食材のベスト”を体験。白金『アルゴリズム』

銀座レカン』や『カンテサンス』などで修業を重ねた深谷博輝シェフが独立、港区白金に『l'algorithme(アルゴリズム)』をオープンした。シェフがこれまでに出会ってきた食材を、おまかせコースで提供してくれる。

おすすめは生ウニの上にウニムースを乗せ、アールグレイのサブレを添えた「雲丹 サヴァイヨン アールグレイ」。ウニのまろやかさを感じながら、溶けるときにグッと風味が強まり、すっと喉を通りすぎていく。

コースを構成する他のメニューは、「ヒョウ柄 柚子かほる 海中放血神経〆」のようにネーミングもユニーク。ドリンクは料理と合わせたペアリングのみで、あれこれ悩まずともよいのが嬉しい。

【店舗情報】
l'algorithme(アルゴリズム)
住所:〒108-0072 東京都港区白金 6-5-3 さくら白金102
電話番号: 050-3374-1850

>>>この店を特集している記事を読む

好奇心をくすぐる料理の連続! 五感で楽しむフレンチレストラン、広尾『オード』

都内屈指の優雅な商店街・広尾散歩通りにある『Ode(オード)』は、八丁堀の名店『シック プッテートル』で腕を振るっていた生井(なまい)祐介さんが独立してオープンさせたフレンチレストラン。

オープン当初からグルマンが注目していた同店の料理は、好奇心をくすぐられる仕掛けが満載。最初に供されるのは、有名アニメに出てくるあの球体にそっくりのフィンガースナック。

その他の一皿も新たに出逢うものばかり。五感をフルに使って楽しむイノベーティブフレンチは一度体験の価値ありだ。

【店舗情報】
Ode(オード)
住所:〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-1-32 ST広尾2階
電話番号:050-3373-6553

>>>この店を特集している記事を読む

日本料理の名店『かんだ』出身の料理人が生み出す「東京和食」とは? 新富町『久丹』

銀座と築地の間に位置する新富町エリアに、2018年春に『久丹』がオープン。日本料理の名店『かんだ』で経験を積んだ中島功太郎さんが作る和食は、ドラマチックな “東京和食”と称される。

おまかせコースは、まず「スナップエンドウの豆と蛤のスープ」、その後にスナップエンドウの皮を使った「スナップエンドウ、車海老のしんじょう射込み」と続く。

「アイナメの葛打ち椀」には日本料理では珍しい野菜、アスパラソバージュを使用。料理が織りなすドラマにあわせて、幅広いジャンルのお酒も楽しめる。

【店舗情報】
久丹(くたん)
住所:〒104-0041 東京都中央区新富2-5-5 新富MSビル1F
電話番号: 050-3494-6917

>>>この店を特集している記事を読む

11品のデザートが圧巻のフレンチは、独特のおもてなしが人気。西麻布『Takumi』

2017年、西麻布にオープンした『Takumi』は、フランスのレストランで修行を積んだ若きシェフ・大槻卓伺さんが腕を振るう店。

青唐辛子やパクチー等が入った「仔羊のハンバーグ」など、食材の組み合わせを楽しむコースの締めが、この店の注目ポイント。なんと、食後のデザートが11品ものスイーツで構成されているのだ。コンセプトは「ケーキ屋さんで大人買い」。

前菜からデザートまで驚きの連続のコース、ぜひ一度体験してみてはいかが。

【店舗情報】
Takumi(タクミ)
住所:〒106-0031 東京都港区西麻布1-11-10 ビルマーサ1F
電話番号:050-3491-5886

>>>この店を特集している記事を読む

駒場東大前の骨董店を改装し移転オープン、下北沢の人気店『七草』

「豆」「野菜」「乾物」を主役にした料理で、14年間親しまれてきた下北沢の人気店『七草』が、代々木上原にも近い駒場東大前エリアの骨董店を改装し移転オープン。

野菜を昆布と鰹と鮪のだしで煮て、少量のバターを落とした「新人参 新玉ねぎ パプリカのすり流し」は、ベーコンのような香りが感じられる。開店当時から人気の「豚バラ肉と大豆の味噌炊き」は、南フランス料理「カスレ」からヒントを得た。

居心地よい日本家屋で、じんわりと染み入るような料理の数々を堪能したい。

【店舗情報】
七草
住所:〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷2-22-5
電話番号:050-3466-5419

>>>この店を特集している記事を読む

妥協なし、食材の良さを引き出した至極の一皿。白金の注目店『ラ クレリエール』

恵比寿『レストラン モナリザ』で7年間経験を積んだ柴田秀之シェフが独立、『ラ クレリエール』を白金にオープンさせた。

食材にとことん向き合い、良さを引き出したいと語るシェフのこだわりは、宮崎の冷や汁をイメージした「スープ ド ポワソン “ラ クレリエール”」や「高知県産 夏鹿のパイ包み ポワブラード」で体験できる。
妥協なしのおいしさで注目の『ラ クレリエール』、予約殺到の前に早めに訪れたい店だ。

【店舗情報】
ラ クレリエール
住所:〒108-0072 東京都港区白金3-14-10
電話番号:03-5422-6606

>>>この店を特集している記事を読む

『アピシウス』出身シェフの”自分らしい”料理をワインとともに。恵比寿『レクテ』

予約困難な恵比寿『レクテ』。『ミシュランガイド東京 2008』で一つ星の評価を受けたフランス料理の店『ル・ジュー・ドゥ・ラシエット』をリニューアルしたフレンチレストランだ。オーナーシェフの佐々木直歩さんは名店『アピシウス』出身。

素材の形や味を大切にした”自分らしい”オリジナル料理は、肉や魚はもちろん、厳選された野菜たちも主役。

ワインは手頃なものから希少なものまで、料理とのペアリングを楽しめる。装いも新たに復活した名店の味とワインを楽しみたい。

【店舗情報】
レクテ
住所:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-17-5 サンビレッジ代官山2F
電話番号:050-3314-0939

>>>この店を特集している記事を読む

腕利き料理人が認める中国料理の数々。白金高輪『私厨房 勇』で一番のおすすめは?

『dressing』の人気連載「腕利き料理人が通ううまい店」で、『ル ブトン』の杉山将章さんが紹介した『私厨房 勇』(しちゅうぼう ゆん)も『ミシュランガイド東京 2019』で一つ星の中国料理店として掲載された。

同店のおまかせコースは毎回内容が変わるので、通い詰めても毎回楽しみがある。

「ホタテと中国野菜の炒め物」「鮑(アワビ)のチャイニーズステーキ」といった野菜や魚介のおいしさを引き出す料理の中で、杉山さんが特にお気に入りなのは締めのメニューだそう。料理人が認めるお気に入りの料理をぜひチェックしたい。

【店舗情報】
私厨房 勇(yung)
住所:〒108-0072 東京都港区白金6-5-5 モリハウス1F
電話番号:03-5422-9773

>>>この店を特集している記事を読む

期待の若手料理人による、話題の日本料理店。麻布十番『山﨑』

2018年8月、麻布十番にオープンし、わずか3カ月で『ミシュランガイド東京 2019』にて一つ星の評価を受けた日本料理店『山﨑』。店主の山﨑志朗さんはまだ31歳という期待の新星。

スペシャリテとして人気が高い「スッポンの炭火焼」は絶妙な焼き加減が魅力。上海蟹と香箱蟹の豪華な共演の一皿も注目。

山﨑さんの確かな構成力により、テンポよくおいしさの流れを楽しめる店だ。これからさらに成長していくであろう『山﨑』から目が離せない。

【店舗情報】
山﨑(やまざき)
住所: 〒106-0031 東京都港区西麻布 1-15-3 西麻布 UOU ビル1F
電話番号:050-3466-5953

>>>この店を特集している記事を読む

関連記事

変幻自在な「おまかせコース」で食通を魅了。先鋭日本料理人の”感覚”を麻布十番『あらいかわ』で味わう
変幻自在な「おまかせコース」で食通を魅了。先鋭日本料理人の”感覚”を麻布十番『あらいかわ』で味わう

1.日本料理の名店で実力を発揮してきた料理人が、満を持して独立 2.夏は「串揚げ」から!? "今おいしい”が堪能できる、変幻自在な「おまかせコース」 3.すべては豊富な経験に裏付けされた“感覚”、その魅力に取り憑かれる

高橋綾子
フードパブリシスト
メディア初掲載! 大人のワンダーランド立石最後の真打、あの西村さんの『ブンカ堂』がいよいよオープン
メディア初掲載! 大人のワンダーランド立石最後の真打、あの西村さんの『ブンカ堂』がいよいよオープン

【連載】幸食のすゝめ #082 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン