知る人ぞ知るウマい店! 今もっとも熱いグルメエリア「荒木町」で訪れたい、名店14選【保存版】

2019年07月20日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 荒木町
  • 東京
  • 中華料理
  • 和食
  • 日本酒
  • まとめ
知る人ぞ知るウマい店! 今もっとも熱いグルメエリア「荒木町」で訪れたい、名店14選【保存版】
Summary
1.「日本人に生まれてよかった!」と本気で思える、荒木町の和食の名店9選
2.これなくして酒場は語れない、「酒」のラインナップにこだわる店
3.中華料理の新たな魅力を五感で味わえ! 注目の“荒木町チャイニーズ”

一度訪れたら虜になること間違いなし!「荒木町」エリアの名店14選

かつて東京でも有数の花街として知られ、その風情が今も残るノスタルジックな街、四谷荒木町。近年は、いわゆる名店と呼ばれる店や個性的なテーマをもった居酒屋、知る人ぞ知る隠れ家レストランなどが軒を連ね、“食通が通う街”として注目されている。

荒木町でないと醸せないたたずまいに、一度足を踏み入れてしまえば虜になること間違いない。今回は、和食や中華など、荒木町グルメのなかでも特に注目の14店舗を紹介する。

名店『石かわ』のスピリットを元に、さらなる美食の世界へ誘う日本料理店『たつや』

日本料理の名店として名高い、神楽坂『石かわ』の姉妹店で多くの食通を唸らせてきた料理人・石山竜也さんが、多くの経験を重ねたのちに満を持して開いた日本料理店『たつや』。

メニューは“日本の食材と日本のお酒”をコンセプトにした、全8品からなる7,500円(税サ別)のコースのみという潔さ。

旬の食材のもつ力を、繊細で丁寧な技術によって最大限に引き出すその手腕には脱帽。カウンター越しで、ひとつひとつの食材をめぐるストーリーに耳を傾けながら味わいたい。

荒木町たつや

住所
〒160-0007 東京都新宿区荒木町10 タウンコートナナウミ1F
電話番号
03-6709-8087
営業時間
17:30~0:00 (L.O.22:00)
定休日
水曜日、祝日定休
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/ckpaf8fr0000/
公式サイト
https://www.facebook.com/%E8%8D%92%E6%9C%A8%E7%94%BA%E3%81%9F%E3%81%A4%E3%82%84-504247113264677/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

“だし”から始まるおまかせ料理。和食と日本酒の店『きんつぎ』

日本料理の基本といえば“だし”。
料理人のこだわりがギュッとつまった和食の命とも言える“だし”からはじまるのが、『きんつぎ』のおまかせコースだ。

心をも温める“だし”に続くのは、旬の食材に工夫を凝らした目にも麗しい品々。料理を引き立て、料理に寄りそう酒ももちろん充実しているが、けっして無理強いはしない。

お客が心地よく料理と酒を楽しめればそれでよし。そのスタンスにますます惚れ込む食通も少なくない。

荒木町 きんつぎ

住所
東京都新宿区四谷3-3-6 アイエス共同ビル3 B1
電話番号
050-3463-5815
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
18:00~23:00
最終入店を23:00迄としております。
ラストオーダー、閉店時間の決まりはございません。
定休日
不定休日あり
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/62agf9dd0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

甲殻類好きの天国! エビ、カニの新たな魅力に迫る甲殻類専門店『うぶか』

好きこそものの上手なれとは言ったもので、子どもの頃から、という生粋の甲殻類好きがその調理の腕を研鑽し開いたのが、エビ・カニなどの甲殻類専門店『うぶか』だ。

調理法や合わせる調味料など、甲殻類の楽しみ方は無限にあるはず。店主・加藤邦彦さんによる「おいしく食べてほしい」という気概に満ちた料理は、これまでの甲殻類料理の概念を簡単に覆す。

特に「松葉蟹 炊き込み」は、店主が「うちのスペシャリテ」だと誇る逸品。心ゆくまで堪能してほしい。

うぶか

住所
東京都新宿区荒木町2-14 アイエス2ビル1F
電話番号
050-3464-7273
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
月~土
ディナー 18:00~24:00
(L.O.21:00、ドリンクL.O.23:00)
定休日
日曜日
祝日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/nh6pwtx00000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

普段使いから、大切な会食まで。美しき日本料理を味わえる『荒木町 光樹』

こぢんまりとして小粋な日本料理店がひしめく荒木町界隈でも、センスが光っているのが『荒木町 光樹』。
隅々まで気の利いた店内にうっとりするのも納得、店主・岡野光樹さんの曾祖母はかつて金沢でお茶屋を経営。店内は形見の掛け軸や火鉢で彩られ、さらに陶芸をたしなむ店主による自作の酒器も色を添える。

そんな美的感覚から生まれる料理もまた、繊細で美しい。料理の味を昇華させるべく日本酒をペアリングさせれば、この上ない満足感を味わえるだろう。

荒木町 光樹

住所
東京都新宿区荒木町8 木村ビル1F
電話番号
050-3373-0813
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
火~日・祝前日・祝日
昼の部 11:30~14:00
(L.O.13:00、ドリンクL.O.13:00)
夜の部 17:30~22:00
(L.O.21:00、ドリンクL.O.21:00)
※17:30~20:00まではコース料理でのご注文を承っております。
※月曜日は人数、条件次第でお受けすることが可能な場合がございます。店舗までお問い合わせください。
定休日
不定休日あり
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/pwmenzcr0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

和食を究めてここに至る。極上の味とおもてなしにふれる『馳走 こんどう』

今や、荒木町の顔とも言える『和食 こんどう』。この2号店となるのが、『馳走 こんどう』。『和食 こんどう』での経験を元に、料理だけでなく、サービス、設え、食器など、すべての要素において上質なおもてなしを実現しているのがこちらの店だ。

日本全国から集めた選りすぐりの食材を、魔法にかけたように極上の料理に仕上げ、妥当な価格で提供。ご近所であれば常連になりたくなる、そうでなくても季節ごとに通いたくなる魅力あふれる一軒だ。

馳走 こんどう

住所
東京都新宿区舟町11 山下ビルB1
電話番号
050-3467-4462
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
月~土
ランチ 12:00~14:30
(L.O.12:30)
ディナー 17:30~22:30
(L.O.21:00)
定休日
日曜日
祝日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/cws8wcam0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

謙虚に、地道に、一歩ずつ。女性料理人が真摯に食材に向き合う『御料理ほりうち』

味、雰囲気、コスパ、店主の人柄・・・外食をするときに、何を求めるか、というのは人それぞれだが、昨今ではSNS映え、というのも意識する人が多いだろう。
そんな世の流れもどこ吹く風、『御料理ほりうち』では、見た目は素朴でも感動するほどおいしい料理と出逢えると評判だ。

当たり前のように食べている食材でも、板前だからできる調理を加えることで非日常となる。その当たり前ではない食体験は、グルメ通なら味わっておくべきものに間違いない。

御料理ほりうち

住所
〒160-0007 東京都新宿区荒木町9-15
電話番号
03-3226-2337
営業時間
16:00~23:00
定休日
日曜・祝日
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/4thebkuz0000/
公式サイト
https://www.facebook.com/horiuchi.arakicho/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

『東京割烹 てるなり』で味わう、チャレンジ精神たっぷりの新・和食

荒木町で予約が取れない人気店といったら挙がるのが『鈴なり』。そして、同店の姉妹店としてオープンしたのが『東京割烹 てるなり』だ。

一見すると和食店とは思えないスタイリッシュな店内では、度肝を抜くアイデアをふんだんに盛り込んだ、“攻め”の和食がいただける。

見た目、組み合わせ、味、食感、盛り付けなど、一品一品にサプライズが隠されていて、まるで宝箱を開くかのごとく、皿が運ばれてくるたびにときめきを覚える。
料理長のフレンチの経験を存分に活かした、「和」にとどまらない自由な割烹料理を楽しもう。

東京割烹てるなり

住所
〒160-0006 東京都新宿区舟町8-2 四谷舟町ビル1階
電話番号
03-6457-4358
営業時間
18:00〜23:00
定休日
不定休
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/mubgep980000/
公式サイト
https://www.tokyokappo-terunari.com

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

老舗の味とスピリットを実直に受け継ぐ『焼鳥 多喜』

かつて荒木町で焼鳥の名店として愛され続けてきた『鳥こう』。惜しまれつつ閉店したその跡地にオープンしたのが、『焼鳥 多喜』だ。

名店が培ってきた歴史と信頼、そして味を決して壊すことなく、さらなる高みを目指す店として注目されている。

奇をてらわず、1本1本丁寧な仕事を施した焼鳥は、シンプルなだけに、その技がいかにすばらしいかが実感できる。常連が必ず食べるという〆の「きじ焼き丼」も必食。

焼鳥 多喜

住所
東京都新宿区荒木町9-22 菅沼ビル2F
電話番号
050-3477-6755
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
17:30~23:00
定休日
日曜日
※祝日(月曜のみ)
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/jgn02kav0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

気取らずカジュアルに楽しめる天ぷら専門店『天ぷらDining ITOI』

“天ぷら専門店”というと、寿司やすき焼きなどと同じく、特別な日に奮発して食べるもの、と思う人も多いはず。そんな一般的なイメージを軽やかに覆してくれるのが、『天ぷら Dining ITOI』。

懐石料理店で研鑽を積んだオーナーが提案する天ぷらメニューは、クラシックな天ぷらからオリジナルの創作天ぷらまで幅広く、パクチーやアボカド、紅ショウガなど、天ぷらのイメージのなかった食材まで、目からうろこの連続。揚げたてアツアツを頬張ろう。

天ぷらDining ITOI

住所
東京都新宿区舟町5
電話番号
050-3462-4546
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
ディナー 17:00~24:00
定休日
不定休日あり
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/cjzgw3tw0000/
公式サイト
https://www.facebook.com/天ぷらDining-ITOI天ぷらダイニング糸井-1534586173513153/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

日本酒とコーヒー、和食と自然派ワイン。夫婦の“好き”がつまった『燗コーヒー藤々』

荒木町は大人の酒場が軒を連ねる社交場。じっくり腰を落ち着けて飲むのもいいが、はしご酒、というたしなみ方も似合う。
2軒目酒場としてぴったりなのが『燗コーヒー藤々』。店を切り盛りするのは酒とコーヒーと和食をこよなく愛する藤極夫婦。

日本酒、自然派ワイン、厳選された食材、それを丁寧に調理した料理、料理とマッチングした器など、夫妻が愛し自信をもっておすすめするものばかりが揃う。〆にはハンドドリップで淹れるコーヒーを。

燗コーヒー 藤々

住所
東京都新宿区荒木町10-14 伍番館ビル
電話番号
050-3466-2582
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
月~土
17:00~23:00
(L.O.22:00)
定休日
日曜日
祝日
※12/30~1/6までお休みいただきます。
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/22pcfp0k0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

レアな1本にも出逢える! 能登の日本酒がずらり揃う『トーキンラウド』

荒木町に日本酒バーは数あれど、能登をはじめ、北陸と奈良といったエリアの日本酒を楽しむなら、ここ『トーキンラウド』がイチ押しだ。
店構えはまるで若者の集う隠れ家カフェのよう。というのも、「若い人にこそ、さまざまに味や香りを変える日本酒の魅力を知ってほしい」という、オーナー・石田太郎さんの考えから。

酒に合わせるアテも、酒と同じ出身地の食材を使うこだわりよう。カジュアルに日本酒を楽しもうと思って足を踏み入れると、いつのまにか深みにハマってしまうのでご注意を!

>>>『トーキンラウド』を特集している記事を読む

日本酒バーTalkin’Loud(トーキンラウド)

住所
〒160-0007 東京都新宿区荒木町8
電話番号
03-6380-6836
営業時間
18:00~0:00 
定休日
日・祝
公式サイト
https://www.facebook.com/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%85%92%E3%83%90%E3%83%BCTalkin-Loud-233251397038451/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

マニアックな美味を味わいたいならここ!『南三』で唯一無二の“南方中華料理”を堪能すべし

荒木町に旋風を巻き起こしている『南三』の中華料理は、そんじょそこらの中華料理とは一線を画している。オーナーシェフ水岡孝和さんが、敬愛する3つの中国料理「雲南料理」「湖南料理」「台南料理」の食文化を紐解き、独自のセンスで再構築。

さまざまなハーブやスパイスをふんだんに使い、燻製や発酵などの技法も加え、唯一無二の一皿に仕上がっている。

“中華シャルキュトリー”とも言うべき自家製のソーセージや干し肉は必食。中華料理の新境地へと誘ってくれるはず。

>>>『南三』を特集している記事を読む

南方中華料理 南三

住所
〒160-0007 東京都新宿区荒木町10-14 伍番館ビル2F B
電話番号
03-5361-8363
営業時間
18:00~23:00
定休日
日曜、祝日
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/1x6kvajb0000/
公式サイト
https://www.facebook.com/tokyoyeshi/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

臨場感あふれる鉄板中華! 豪快かつ力強い味わいを楽しめる『遊猿』

見た目も、聞こえてくる音も、鼻に抜ける香りも、すべてが食欲をそそる要素となるのが、鉄板焼き。そんな五感をフルに使って堪能できる、“鉄板中華”をいただけるのが『遊猿』だ。

ここは鉄板中華の名店『青山シャンウェイ』で約10年間腕を磨いたオーナーシェフがオープンさせた、カジュアルな中華料理店。オープンキッチンなので、調理中のシェフの手さばきを間近で感じられるのもワクワクが募る。

料理の味わいは濃厚でスパイシー。ビールやお酒が進むこと間違いなしだ。

>>>『遊猿』を特集している記事を読む

遊猿(ユウエン)

住所
東京都新宿区荒木町6-39 GARDEN TREE 2F
電話番号
050-3374-3725
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
ディナー 18:00~23:00
(L.O.22:00)

月・火・木・金
ランチ 11:30~14:00
(L.O.13:30)
定休日
日曜日
祝日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/myhse3mv0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

日本料理と中国料理の美しい融合を楽しめる『の弥七』

“日本人が作り、日本の方に提供する中国料理”をコンセプトに店主が腕を振るう『の弥七』。店構え、コースの構成、器の使い方など、確かに和のエッセンスがそこかしこに見られる。

料理はというと、和の技術や食材を絶妙に融合させた、今まで食べたことのない新たな中国料理。コースの〆として定番の麻婆豆腐は、豆板醤を使わず、甘辛く煮込んだ牛筋を用いてこっくりとしたうまみを引き出している。ごはんが進んでしまうのは、言うまでもない。

>>>『の弥七』を特集している記事を読む

の弥七

住所
東京都新宿区荒木町2-9 MIT四谷三丁目ビル1F
電話番号
050-3314-1152
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
昼食 11:30~14:30
夕食 17:30~23:00
最終入店時間 21:00
定休日
日曜日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/1wp9y76w0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

「牛ハラミの肉じゃが」がウマすぎてリピ確実! 心の底からリラックスできる、知る人ぞ知る和食の隠れ家
「牛ハラミの肉じゃが」がウマすぎてリピ確実! 心の底からリラックスできる、知る人ぞ知る和食の隠れ家

1.毎日食べたい家庭料理「おばんざい」と、料理に合うワイン&日本酒&焼酎をラインナップ 2.季節の野菜や魚を使う健康的な献立は、なんと約40種類も! 3.新橋駅から徒歩2分。烏森神社の参道を入った路地裏で深夜まで営業する知る人ぞ知る隠れ家

松井一恵
文筆家
“だし”から始まるおまかせ料理は感動もの! 荒木町の夜を満喫する、和食と日本酒の店『きんつぎ』
“だし”から始まるおまかせ料理は感動もの! 荒木町の夜を満喫する、和食と日本酒の店『きんつぎ』

1.荒木町にまた、注目の新店がオープン! 和食と日本酒をとことん楽しめる店『きんつぎ』 2.“だし”から始まるおまかせ料理。季節を感じる素材や、できたてのアツアツなひと皿に日本酒がすすむ! 3.広々としたカウンター席とオープンキッチンに、人と人とのつながりを大切に考える店主の想いが宿る

nobiko
ライター