うなぎ

19件中 1-19件を表示

大迫力のボリュームうなぎを食べ比べ!東京で「関西風うなぎ」を楽しむなら『にょろ助 銀座』がおすすめ

大迫力のボリュームうなぎを食べ比べ!東京で「関西風うなぎ」を楽しむなら『にょろ助 銀座』がおすすめ

話題のうなぎ専門店『にょろ助 銀座』をご紹介。2020年7月にオープンしたばかりの『にょろ助 銀座』は、蒸さずに焼き上げる関西風うなぎの専門店。なかでも蒲焼きと白焼きの食べ比べが楽しめる看板メニュー「天下無双」は、ボリューム満点なうえにリーズナブル。東京にいながら気軽に関西風うなぎが味わえると話題だ。ランチとディナーのほか、「鰻棒ずし」のテイクアウトも人気。うなぎ好きは必訪の一軒!

日本橋・人形町エリアのおいしい「テイクアウト」まとめ! 大人気レストランの料理をおうちで味わおう

日本橋・人形町エリアのおいしい「テイクアウト」まとめ! 大人気レストランの料理をおうちで味わおう

#テイクアウト ランチでもディナーでも活用できる、日本橋・人形町・茅場町・東日本橋エリアのおすすめテイクアウト&デリバリーをご紹介。人気ビストロや和食、イタリアン、うなぎなどのテイクアウトメニューは、どれも驚くほどにハイクオリティ。ステイホームの新たな楽しみ方として、ぜひテイクアウトを楽しんでみてはいかが?

メディア初! 武蔵小山に新たな“のん兵衛スポット”が誕生! 人気店『豚星』が手掛ける鰻串店『梅星』

メディア初! 武蔵小山に新たな“のん兵衛スポット”が誕生! 人気店『豚星』が手掛ける鰻串店『梅星』

【連載】幸食のすゝめ #096 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

全国「うなぎ」の名店大集合! 有名店から老舗まで【うまい!うなぎ専門店まとめ7選】

全国「うなぎ」の名店大集合! 有名店から老舗まで【うまい!うなぎ専門店まとめ7選】

おいしい「うなぎ」が味わえる、全国のうなぎの名店、有名店を集めました。蒲焼き、うな重、ひつまぶしなど色々なうなぎが大集合。本稿では、『うなぎ目白ぞろ芽』(東京)、『うなぎ 時任』(東京)、『大江戸』(東京)、『うなぎ家 しば福や』(名古屋)、『うなぎ 四代目菊川』(名古屋)、『京極かねよ』(京都)、『大阪 うなぎ組』(大阪)のをご紹介。ぜひおいしい「うなぎ」を求めて、全国の名店、有名店に訪れよう!

「うなぎ」の新たな美味に感嘆!「うなぎ料理」をフレンチのように味わう、麻布十番『うなぎ 時任』

「うなぎ」の新たな美味に感嘆!「うなぎ料理」をフレンチのように味わう、麻布十番『うなぎ 時任』

うなぎの名店『野田岩』で修業を積んだ熟練料理人が開いた『うなぎ 時任』(麻布十番)をご紹介。『うなぎ 時任』では、単品のうな重も用意しますが、塩焼きやうな重を含むうなぎ料理のコースがメイン。中でも、ディナーは、フレンチを彷彿させる「うなぎ懐石コース」(一例:先付・八寸・椀もの・白焼き・本日の一品・うな重・デザート)がおすすめです。新しいうなぎ料理をぜひ。

超希少な“幻のうなぎ”が味わえる!? 「共水うなぎ」に惚れ込んだ職人による『うなぎ 目白ぞろ芽』

超希少な“幻のうなぎ”が味わえる!? 「共水うなぎ」に惚れ込んだ職人による『うなぎ 目白ぞろ芽』

1.この道25年、うなぎを知り尽くした職人が独立開業した『うなぎ 目白ぞろ芽』 2.全国約40軒にしか流通しない幻のうなぎ「共水うなぎ」が堪能できる! 3.「共水うなぎ」以外も国産うなぎのみを厳選使用。うなぎ料理と日本酒を嗜む”うなぎ居酒屋”としてもおすすめ

名古屋でうなぎならここだ! 名店『うなぎ家 しば福や』の「うなぎ重」は最高の味わい、もう行くしかない

名古屋でうなぎならここだ! 名店『うなぎ家 しば福や』の「うなぎ重」は最高の味わい、もう行くしかない

名古屋でうなぎ(ウナギ)を食べるなら『うなぎ家 しば福や』がおすすめです。行列の絶えないうなぎの名店・名古屋『うな富士』で修業を重ねた大将が作るうなぎは「最高!」のひと言。燃え盛る炭火で一気に地焼きする「うなぎ重」は必食です。また酒の肴も充実しているので、食事のみでも居酒屋的でも利用可能です。もう予約するしかありません。

【日本橋】老舗の「うなぎ」はここが違う!200年以上続くうなぎの老舗『大江戸』のすごいこだわり

【日本橋】老舗の「うなぎ」はここが違う!200年以上続くうなぎの老舗『大江戸』のすごいこだわり

【連載】老舗の当主が明かす「老舗が愛され続ける、隠れざるヒミツ」。老舗を守り続ける当主にインタビューを敢行し、「老舗の逸品」「老舗のおもてなし」にスポットを当てる。 ♯6『うなぎ割烹 大江戸』

【土用の丑の日】なぜうなぎを食べるのか? うなぎの日の由来とは?「うなぎの有名店まとめ付」

【土用の丑の日】なぜうなぎを食べるのか? うなぎの日の由来とは?「うなぎの有名店まとめ付」

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
名古屋のうなぎの名店『うなぎ 四代目菊川』がすごい! 丸ごと1尾の「大うなぎ」はもう注文するしかない

名古屋のうなぎの名店『うなぎ 四代目菊川』がすごい! 丸ごと1尾の「大うなぎ」はもう注文するしかない

創業90年の歴史を誇る、うなぎを知り尽くした、老舗うなぎ卸問屋のうなぎ専門店『うなぎ 四代目菊川』をご紹介。場所は、名古屋「ささしまライブ駅」近くにある複合商業施設の「グローバルゲート」内。うなぎは約240gの特大サイズのものを使用。肉づきがよく脂もしっかり乗っている特大サイズのうなぎは、備長炭の炭火で盛大に焼かれても身縮みしません。「パリッ・ふわっ・トロ」の三拍子揃ったうなぎをぜひ食べてみて。

老舗と呼ばれる店が知ったかぶりのニセモノなグルメ通を嫌うことについて

老舗と呼ばれる店が知ったかぶりのニセモノなグルメ通を嫌うことについて

【連載】正しい店とのつきあい方。 店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

【土用の丑はうなぎ!】食の知識人&編集部オススメ東京・大阪うなぎの美味しい厳選12店

【土用の丑はうなぎ!】食の知識人&編集部オススメ東京・大阪うなぎの美味しい厳選12店

【賢人の選択】店を選ぶとき、人にはそれぞれ事情がある。いつ?どこで?だれと?どんな店に行きたいかは人それぞれ。ならば、そんな要望に対する、賢人の答えってどのようなものなのか?dressing編集部のお題に対し、賢人の皆さんに答えていただく。さらに今回は編集部からもご提案。

京都くいだおれ行脚は、和久傳のそば料理店からイノダコーヒを経て、鰻、肉の名店でシメる

京都くいだおれ行脚は、和久傳のそば料理店からイノダコーヒを経て、鰻、肉の名店でシメる

【連載】観光的、ではない京都人の日常メシ1泊5食巡り  京都市内中心部に住み日本中のグルメを知り尽くし、メディアに引っ張りだこの賢人・門上武司さん。あらゆるガイド本で扱われるこの街にもまだまだ穴場、しかも日常価格で楽しめる店がある。京都に1泊したらそんな店をフルコースでめぐりたい。1泊の京都で5回も味わえる、「知らない京都人の日常メシ」とは?