プレミアム記事

149件中 41-60件を表示

絶対に見つけられない最強の隠れ家があった! 新進気鋭のモダンガストロノミー『sanmi』【赤坂】

1.クラウドファンディング飲食店部門の資金調達額で日本記録を更新した、今春一番の話題店『sanmi』 2.シェフは世界No.1レストランに輝いたシカゴの名店『アリニア』で研鑽した若手料理人と老舗料亭の家系に生まれた“ビネガーの魔術師” 3.読者だけの特典!会員権&おまかせコースを3名様にプレゼント!

四谷三丁目・曙橋の『てんぷら荘司』は、腕利き蕎麦屋主人 新井大琳さんが通ううまい店

【腕利き料理人が通ううまい店】世の食いしん坊たちを魅了する腕利き料理人こそ、選ばれし生粋の食いしん坊。好奇心を刺激しに、疲れた身体を癒しに通う店には、間違いない味と心意気がある。料理人から料理人へ、バトンを受け継いでとっておきの一軒を追う。

花見のお酒は断然「ロゼ泡」が大ウケ! シャンパーニュ騎士団オフィシエが絶賛すすめる「ロゼ泡」3選

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯「花見」にピッタリな「ロゼ・シャンパーニュ」

立ち呑み革命は鉄板から始まる、最強のアテは広島生まれのソウルフード

【連載】幸食のすゝめ #057 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

「ボブ・ディラン」と「フルーツカクテル」というカルチャーに酔いしれる、文化人も愛す秘密の隠れ家

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯「酒」と「音楽」というカルチャーについて

もてなしが生まれる街、もう1つの酒都「北千住」。城北の聖地で食と酒、情に酔う

【幸食秘宝館】#012 グルメサイトでもなかなか表れない、本当は教えたくない至福の隠れ家。街をさすらい、街に愛された賢人だけが知っている、店選びの黄金律。人気のレビューでは辿り着けない、「幸食の秘宝」そっと教えます。

「ちらし寿司」「ハマグリ」「ひし餅」・・・、「ひな祭り」に食べるべき行事食の由来とルーツ

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰

スマホでもここまで華やかに撮れる! プロのカメラマン直伝「最高にキレイなお肉の撮り方」

【スマホで料理を華やかでおいしそうに撮る方法】インスタ映えが流行語になった2017年。今後は、見た目に加えて「おいしそう」「食べたい」と、本能に訴える写真が求められるはず! そこで、さまざまなメディアから引っ張りだこのプロカメラマン福田が、スマホを使って最高の一枚を撮るコツを伝授する。

食通が集う酒場の店主 大野尚人さんが通う、いい塩梅の蕎麦屋『銀座sasuga琳』

【腕利き料理人が通ううまい店】世の食いしん坊たちを魅了する腕利き料理人こそ、選ばれし生粋の食いしん坊。好奇心を刺激しに、疲れた身体を癒しに通う店には、間違いない味と心意気がある。料理人から料理人へ、バトンを受け継いでとっておきの一軒を追う。

フレンチ仕立ての絶品「餃子」に騎士団オフィシエも唸った、最強のマリアージュを仕掛けた一軒!

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯「餃子」と「シャンパーニュ」のマリアージュ

「ワイン」選びに迷ったら?ワインナビゲーターが死ぬまでに飲んでおきたい、コスパ抜群な「新世界ワイン」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯アルゼンチン・メンドーサのオススメ「ワイン」

〆の「かき揚げ丼」が贅沢でおいしすぎ!週に一度ランチだけ、のれんを上げる予約困難な「天ぷら」の名店

1.予約の取れない「天ぷら」の名店で、満足度の高いランチがスタート! 2.ひと口サイズから一合盛りまで! 満腹具合に応じて選べる〆のご飯 3.“口福”の8席を担うのは、匠のワザを受け継ぐ30歳の若きエース

「いなり寿司」は関東と関西で形が違う!?「初午」(はつうま)に知っておきたい「いなり寿司」の由来

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰

芸能人がお忍びで通う【完全紹介制】のステーキハウス『レストラン スギタ』の1万円のカツサンドがスゴイ

1.なにわの街で愛され続けたステーキハウスが、55年の時を経て東京へ移転オープン 2.こだわり抜いたブランド牛の熟成肉をフルコースで堪能! 3.1人前1万円の最高級「牛ヒレカツサンド」を先着5名にプレゼント!

なぜ節分に「恵方巻き」を食べるのか? 全国に広まった理由は? 恵方巻きのルーツとおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰

全国200以上の蔵を訪問した、唎き酒師・女子アナがこっそり通う、ヒミツの日本酒酒場『サケストーリー』

唎酒師、一級フードアナリストの資格をもち、大の日本酒好きとして各メディアで活躍中のフリーアナウンサー・あおい有紀が、選りすぐりの和酒のお店を訪れ、お店とお酒、人の魅力に迫る! # SAKE STORY

フレンチ界の偉才 渡辺雄一郎シェフが通う看板なき酒場、門仲『酒肆一村』【腕利き料理人が通ううまい店】

【腕利き料理人が通ううまい店】世の食いしん坊たちを魅了する腕利き料理人こそ、選ばれし生粋の食いしん坊。好奇心を刺激しに、疲れた身体を癒しに通う店には、間違いない味と心意気がある。料理人から料理人へ、バトンを受け継いでとっておきの一軒を追う。

祇園のオトナが今年、大注目する「隠れ家フレンチ」がここ! 看板も暖簾もない、ヒミツの穴場おしえます

1.芦屋にあるミシュラン一つ星フレンチレストラン『Koshimo +plus』の新展開 2.カテゴリーを超越! シェフが厳選した素材のおいしさありきでコースを構成 3.ビジュアルインパクト抜群。素材の組み合わせで旨味が何倍にも!

「渾身の日本料理」がここにあった! 1日5人だけしか経験できない、おもてなしの舞台は「店主の邸宅」

1.1日5〜6人だけしか経験できない、おもてなしの舞台は“店主の邸宅” 2.シェフの家に招かれた人のみが知る、究極の“大阪料理”とは 3.完全会員制の「浪速割烹」に読者限定で入店できる特典あり!※期間は2018年2月28日まで

なぜ正月に「雑煮」を食べるのか? 日本人なら知っておきたい、雑煮のルーツと江戸雑煮のおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 8