ノンアルコールと料理のペアリングが凄いって知ってた? 飲めない日でも極上のフレンチが楽しめる店5選

2019年08月21日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • 麻布十番
  • 代々木上原
  • 白金高輪
  • 日本橋
  • 神楽坂・飯田橋
  • フレンチ
  • まとめ
ノンアルコールと料理のペアリングが凄いって知ってた? 飲めない日でも極上のフレンチが楽しめる店5選
Summary
1.「ノンアルコールドリンク×料理」のすばらしいペアリングが味わえる、都内のおすすめモダンフレンチ5選
2.ノンアルコールペアリングがコースメニューにある店が増加
3.果汁、お茶、炭酸、スパイスなどを巧みにブレンド。ドリンクの完成度や、料理との相性に感動!

体験してみて! ノンアルコールドリンクと楽しむフレンチ

「フランス料理にワインは欠かせない存在。ワインとともに味わってこそ料理がおいしくなるのだから」。そう思っている人はかなり多いだろうし、フレンチの店で食事をするなら、自然とワインがほしくなるもの。

もちろん、アルコールが得意なら、思いのままにワインを楽しんでいい。ただ、全く飲めない人や、アルコールに弱いから最初の1、2杯しか飲まない、という人は結構いる。また、翌日のことを考えてアルコールを控えたい日もあるだろう。そんなとき、遠慮がちに水だけを飲んでいませんか?

今回は「ノンアルコールペアリング」というすばらしい選択肢があることを紹介したい。
ワインと料理のマリアージュがあるように、ノンアルコールドリンクと料理を合わせることを「ノンアルコールペアリング」という。

アルコールが苦手な人も食事を楽しめるようにと、シェフやソムリエたちが料理のテイストに合わせたオリジナルドリンクを用意している。魅力的で人気のある店こそメニューにあるのが、最近の傾向だ。

搾りたての果汁、お茶、炭酸、スパイスなど、使われる材料は実に幅広く、店によってさまざま。特製ノンアルコールドリンクのすばらしいところは、ドリンクの材料に「旬」を取り入れ、季節の食材を使った料理に寄り添わせることができる点だ。旬の相乗効果で料理を引き立て、味わい深さを膨らませる役目を担う。

驚きと感動は、体験してはじめて実感するもの。すばらしいペアリングメニューがあるのはここ! という選りすぐりのモダンフレンチ5店を紹介しよう。

1.【麻布十番】グルマンたちが通うヒミツの肉フレンチ『T3』

まずは、グルマンたちが通う肉フレンチ『T3(ティースリー)』。
モダンアメリカン、フレンチ、和と異なる業態の名店で研鑽を積んだ山下浩幸シェフが、それぞれで培ったテクニックを駆使して生み出す、和牛料理を軸としたイノべーティブレストランだ。

たとえば、写真上のワイングラスに注がれたドリンクは一見赤ワインにしか見えないが……なんとワインをオマージュした自家製のノンアルコールドリンク。ベースはプーアール茶とウーロン茶で、そこにさまざまなハーブやスパイスを加え、山ブドウの原液で真紅色に。お茶やハーブ、スパイスには肉の脂の消化を助けてくれる作用があるという。コース料理と楽しむ「ノンアルコールペアリング」は、6グラス4,000円からとリーズナブルなのもうれしい。

T3

住所
〒106-0041 東京都港区麻布台3-4-11 麻布エスビル1F
電話番号
03-5545-5857
営業時間
ランチ 11:30~15:00(L.O13:00)*ランチは金曜日と土曜日のみ営業、ディナー 18:00~23:00(L.O.20:00)
定休日
日曜、お盆時期、年末年始
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/6evd30u10000/
公式サイト
https://t3-roppongi.tokyo/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

2.【代々木上原】気鋭シェフが生み出す、ハイセンスでおいしいフレンチ『sio』

いま大注目の鳥羽周作シェフが2018年7月、人気エリア代々木上原にオープンした『sio』。
なぜ鳥羽シェフの料理に惹かれるのか。それは、見た目は斬新で最先端であるのに、味は誰もが郷愁を覚えるような懐かしいおいしさを備えているからかもしれない。素材の本質を見極めることで、センスとおいしさが共存する料理を生みだしている。

例えば「馬肉のタルタル」(写真上)。薄く伸ばして揚げた食パンの上に馬肉のタルタルをのせ、ビーツとプラムを足すことで甘酸っぱさを重ねる。この斬新な食材の組み合わせと真紅色の美しさに心奪われ、郷愁の味わいに癒されることだろう。さて、この料理にどんなノンアルコールドリンクを合わせるのだろうか……訪ねて体感する価値が、ここにはある。

sio

住所
東京都渋谷区上原1-35-3
電話番号
050-3314-3061
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
月・火・木・金
17:00~23:00
(L.O.21:00)
2時間半制のテーブルとなっております。

土・日・祝日
ランチ 12:00~14:30
(L.O.12:30)
ディナー 17:00~23:00
(L.O.21:00)
2時間半制のテーブルとなっております。
定休日
水曜日
不定休日あり
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/s279sby30000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

3.【白金高輪】ユニークなメニュー名に釘付け『アルゴリズム』

オーナーシェフの名は、深谷博輝さん(写真上・右)。あの名店『カンテサンス』(『ミシュランガイド東京 2019』までの12年間連続で三つ星を守り続けるフレンチレストラン)で研鑽を積んだ実力派だ。その技術の高さが評価され、『アルゴリズム』はオープン後わずか1年で『ミシュランガイド東京 2019』一つ星の店として掲載されている。

『アルゴリズム』のメニュー名は、実にユニーク。例えば写真上は「ヒョウ柄 柚子かほる 海中放血神経〆」これが料理名? よく分からない。ただ、分からないからこそ食す前から妄想がどんどん膨らむ!
そんな「解」を楽しむこだわりの料理にペアリングしたノンアルコールドリンクは、謎が解けたときのような爽快感を与えてくれるかもしれない。

l’algorithme アルゴリズム

住所
東京都港区白金6-5-3 1F
電話番号
050-3374-1850
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
月~土
ランチ 12:00~12:45
ディナー 18:00~19:30
定休日
日曜日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/9f0bnhbs0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

4.【日本橋】カジュアルなのに味は一流!『ラ・ボンヌターブル』

雰囲気も価格帯もカジュアルなのに実においしいと、高い評価を受け続ける『ラ・ボンヌターブル』。それもそのはず、食材は姉妹店『レフェルヴェソンス』でも使っている一流のものばかり。中村一成シェフ(写真上)は“Farm to table(ファーム トゥー テーブル)”をポリシーに、生産者から直接仕入れた食材を敬意と愛情をもって調理し、お客へ届けている。

メイン料理のパイ包み(写真上)は、中村シェフのシグネチャーディッシュ。同じディッシュでも季節によって食材の組み合わせは変化するのだが、ノンアルコールドリンクも料理にあわせて味わいを変えるという。同店のリーズナブルなランチなら、すぐにでもペアリングのすばらしさを体験しに行ける!

ラ・ボンヌターブル(LA BONNE TABLE)

住所
東京都中央区日本橋室町2-3-1
電話番号
050-3491-8555
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
11:30~15:00
(L.O.13:30)
18:00~23:00
(L.O.21:30)
定休日
不定休日あり
※隔週月曜日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/gvgsgx9x0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

5.【飯田橋】世界で評価された、最高峰のレストランが東京へ!『INUA』

レストラン好きなら一度は体験してみたい、憧れのイノベーティブ『INUA』のノンアルコールペアリングはどうだろう。

©Jason Loucas

イギリスの月刊雑誌『レストラン』が毎年発表する「世界のベストレストラン50」で過去4回世界一位となり映画化もされた、デンマーク・コペンハーゲンにあるイノベーティブレストラン『noma』。
2018年6月、その『noma』の、レネ・レゼピ氏の右腕と言われたトーマス・フレベル氏(写真上・右)がヘッドシェフを務める店がいよいよ東京にオープンすると、フード業界で大きなニュースとなった店だ。

©Jason Loucas

『INUA』の醍醐味は、世界15カ国から集まった30名以上のスタッフがあみ出すグローバルな料理であること。日本全国の季節の食材を積極的に使用し、何よりもおいしいことを大事にして、日々斬新な料理が生み出されている。そんな料理に寄り添うようにマリアージュされる「INUAジュースペアリング」。旬の食材から作るドリンクは料理に負けずと劣らず個性的。想像不可能な組み合わせのサプライズを味わってみたい。

INUA

住所
〒102-8552 東京都千代田区富士見2-13-12 KADOKAWA富士見ビル9F
電話番号
03-6683-7570
定休日
毎週月・日曜日
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/1snbtvyk0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

「日本一のピザ」と称賛される理由に納得! 地元にも遠方にも愛されるイタリアン『ドンブラボー』【国領】
「日本一のピザ」と称賛される理由に納得! 地元にも遠方にも愛されるイタリアン『ドンブラボー』【国領】

1.料理関係者やグルマンが集う、調布市国領町の超人気イタリアン 2.イタリアの家庭の味から、製法にこだわったピザまで、緩急たっぷりのコースが楽しい 3.アルコールペアリングの他、各国のお茶やジュースを楽しめるノンアルコールペアリングも用意

松本玲子
ライター/音楽家/ナレーター
ビールやワインだけじゃない!ステーキハウスの新しい飲み方提案「NYスタイルドリンク」に着目
ビールやワインだけじゃない!ステーキハウスの新しい飲み方提案「NYスタイルドリンク」に着目

1.ノンアルや低アルなら翌日仕事でも大丈夫! 二日酔いを気にせず楽しめる外食ドリンクのトレンド2019 2.人気店『BLT STEAK』が、食事にぴったりのお洒落なNYスタイルドリンクを提案 3.ドリンクを知れば、料理がもっとおいしくなる! 食材との相性をプロのバーテンダーに深堀り取材

dressing編集部

コンセプトはフレンチ方程式。『カンテサンス』出身シェフが絶妙の状態・温度・調理法で生みだす料理とは?
コンセプトはフレンチ方程式。『カンテサンス』出身シェフが絶妙の状態・温度・調理法で生みだす料理とは?

1. 『カンテサンス』など有名フレンチレストランで修業を重ねた深谷博輝シェフが独立、独創的なフレンチ方程式に挑む 2. 「海中放血神経〆」など想像力をかき立てられるメニュー名とこだわりの技法で、渾身のひと皿に 3. 昼・夜ともおまかせコース、ペアリングのドリンクとともに「解」を導き出す

須永久美
ライター
澄み渡る「煮込み」に魅了される本来は取材拒否の名店。週4日、1日3時間の至福に酔う

【連載】幸食のすゝめ #062 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン