和食

292件中 181-200件を表示

銀座にて、魚を知り尽くした女性料理人のシャレた味わいを楽しめる割烹の素晴らしさに酔う

【連載】幸食のすゝめ #040 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

半熟卵を「煮切り醬油」に漬けると最高にウマイ!昔ながらの万能調味料・煮切り醬油の作り方と簡単アレンジ

半熟卵を「煮切り醬油」に漬けると最高にウマイ!昔ながらの万能調味料・煮切り醬油の作り方と簡単アレンジ

1.うまみと香りをギュッと凝縮! 和食店ではおなじみの「煮切り醬油」の作り方 2.カツオのおいしさを引き立てる!「カツオの漬け丼」のアレンジレシピ 3.半熟卵は煮切り醬油に漬け込むと最高においしい!「味たまおにぎり」のアレンジレシピ

懐石10皿コースが8,000円から!『嵐山吉兆』ほか世界の領事館で活躍した名職人の料亭が京都に誕生

懐石10皿コースが8,000円から!『嵐山吉兆』ほか世界の領事館で活躍した名職人の料亭が京都に誕生

1.『嵐山吉兆』や『NOBU』ほか、 各国の領事館などで活躍した料理人が独立 2.400余年の伝統を誇る京野菜農家『樋口農園』の野菜をベースにした懐石コース 3.築140年の日本家屋をリノベーションした趣深い空間で堪能できる

京都の超人気割烹『祇園 楽味』できいた、カウンター割烹で「上客」と認められるための効果的な振る舞い方

【京都で恥をかかない遊び方】日本はもちろん世界中から観光客が訪れる京都。雑誌や書籍にもインターネット上にもさまざまな情報が飛び交い、もはや京都のことは誰でもわかる時代になった、、、と思いきや京都には1,000年の都ゆえの深~い伝統と流儀、そしてマナーがある。そんな京都でいかにして恥をかかずに愉しめるか?京都在住で関西の食文化に精通するコラムニスト・門上武司さんが知識を伝授する。

愛媛・松山で『分とく山』出身店主による地元食材と地酒を満喫!『東京ローカルレストランsachi』開催

愛媛・松山で『分とく山』出身店主による地元食材と地酒を満喫!『東京ローカルレストランsachi』開催

1.南麻布『分とく山』出身を名乗ることを許された数少ない料理人による愛媛・松山『日本料理 和敬』 2.普段は、東京で開催される『東京ローカルレストランsachi』が四国最大の都市・松山に飛び出した 3.GWの旅にの候補地として押えておきたい、松山の食材・酒・器の魅力を堪能

お茶漬けがハイレベルすぎ!定番から変わり種まで、米とだしにトコトンこだわるお茶漬け専門店『雅なだし』

お茶漬けがハイレベルすぎ!定番から変わり種まで、米とだしにトコトンこだわるお茶漬け専門店『雅なだし』

1.半蔵門駅からすぐ。だし茶漬け専門店『雅なだし』が2017年2月1日にオープン 2.厳選の国産素材からひいた「だし」と希少なササニシキのお茶漬けが食べられる 3.「鮭&いくらなだし茶漬け」や「生姜焼きなだし茶漬け」などが魅力

ウジウジと転職に悩むアラサー男子が悩んでいることを大胆に解決する方法がここにある【漫画家・江川達也】

ウジウジと転職に悩むアラサー男子が悩んでいることを大胆に解決する方法がここにある【漫画家・江川達也】

愛知教育大学数学科(応用数学専攻)卒業。卒業後、中学の数学教師という経歴を持つ。本宮プロダクションでアシスタントを経て、1984年『BE FREE!』(講談社)で漫画家デビュー。『まじかる☆タルるートくん』(集英社)、『東京大学物語』(小学館)などのヒット作を生み出す。現在はタレントとして活躍中。テレビや雑誌などさまざまなメディアに登場し、コメンテーターとしての顔を持つ。

あなたの知らない“昭和レトロな自由が丘”で癒される、着物女将とおでんの楽園

あなたの知らない“昭和レトロな自由が丘”で癒される、着物女将とおでんの楽園

【連載】幸食のすゝめ #038  食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

【田町】水炊きがウマすぎる『鼓次郎(こじろう)』が大人気! あの居酒屋の名店『器楽亭』の水炊き専門店

【田町】水炊きがウマすぎる『鼓次郎(こじろう)』が大人気! あの居酒屋の名店『器楽亭』の水炊き専門店

あの居酒屋の名店『器楽亭』の水炊き専門店『鼓次郎(こじろう)』(田町)をご存じですか?記憶に残るコラーゲンたっぷりの濃厚スープは食べたらもうトリコになること間違いありません。 材料は鶏肉と水のみ。ゆっくりとじっくり10時間かけて白濁させたスープに、もちっと弾力がある総州「古白鶏」を加えて水炊きに。そして、つくね、野菜を入れて、〆には麺か雑炊を。夏でも冬でも美味すぎる水炊きを食べに『鼓次郎」へぜひ。

【絶滅の危機】大阪や京都が誇る「くじら料理専門店」が街から消えつつあるからこそ行きたい名店

【絶滅の危機】大阪や京都が誇る「くじら料理専門店」が街から消えつつあるからこそ行きたい名店

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

プリップリの牡蠣を堪能!「牡蠣キムチ」や「牡蠣醤油やきそば」など、旬の牡蠣を使った絶品レシピ3選

プリップリの牡蠣を堪能!「牡蠣キムチ」や「牡蠣醤油やきそば」など、旬の牡蠣を使った絶品レシピ3選

1.ピリ辛味に箸が止まらない! 晩酌に大活躍の「牡蠣キムチ」 2.牡蠣のうまみと和風だしがジュワッと染み込んだ「牡蠣と大根の和風炊き込みご飯」 3.牡蠣エキスをぎゅっと凝縮した「牡蠣醤油」はかけるだけでなんでもウマくなる!

【メディア初登場】人気の奥渋エリアに昨年オープンした究極の家庭料理の店『おふく』

【メディア初登場】人気の奥渋エリアに昨年オープンした究極の家庭料理の店『おふく』

【連載】幸食のすゝめ #035  食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

  1. 1
  2. 8
  3. 9
  4. 10
  5. 11
  6. 12
  7. 15