和食

292件中 201-220件を表示

白飯だけで茶碗3杯はいける!割烹『松見坂 なかしま』の極上炊きたてご飯は米ラヴァーなら絶対食べるべき

白飯だけで茶碗3杯はいける!割烹『松見坂 なかしま』の極上炊きたてご飯は米ラヴァーなら絶対食べるべき

1.早くも名店の予感! 淡島通りに誕生した割烹『松見坂 なかしま』 2.これぞ芸術! 削ぎ落とした料理に真の姿をみる 3.白飯だけでお茶碗3杯は食べられそう! おいしい炊きたてご飯とは

「本当の和食」が絶滅の危機に瀕しているのは「料理じゃないもの」を出す店が増えているからである

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

プリップリな「牡蠣」は今が旬!冬に食べたい、牡蠣のうまみをしっかり味わえる「炊き込みご飯」レシピ3選

プリップリな「牡蠣」は今が旬!冬に食べたい、牡蠣のうまみをしっかり味わえる「炊き込みご飯」レシピ3選

1.牡蠣のうまみがジュワ~「牡蠣と大根の和風炊き込みご飯」は間違いないおいしさ 2.しっかり味の「牡蠣とベーコンのコクうま炊き込みご飯」は男性人気NO.1 3.「牡蠣とトマトの魚介炊き込みご飯」は洋風リゾットのようなコクのある味わい

料理の値段がわからない店ではどう振る舞うべきか?【店遣いの賢人に訊いた正しい店での楽しみ方】

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

【福岡の酒場美女のいきつけは?】日本酒バーの美人店長にきいた、週5で通いたくなる春吉界隈はしご酒5軒

【福岡の酒場美女のいきつけは?】日本酒バーの美人店長にきいた、週5で通いたくなる春吉界隈はしご酒5軒

【連載】「私を"はしご酒"に連れてって(福岡で)」第十六夜  福岡の酒飲みは1軒では帰らない。ほぼ必ず2軒目に行くし、2軒目を出たら次の店…。職住近接ゆえ終電や終バスを逃しても笑顔で楽しく飲んでいる。“はしご酒”文化が根付くこの街の遊び方を毎回伝授いただく。

東京がほこる酒飲みの聖地・立石ホッピングの要所、おでんと酒が心ゆくまで楽しめる『おでん丸忠』

東京がほこる酒飲みの聖地・立石ホッピングの要所、おでんと酒が心ゆくまで楽しめる『おでん丸忠』

【連載】幸食のすゝめ #033  食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

『卵ドリル』著者・松浦達也さんが「2016年のひと皿」に選んだのは6時間かけて焼き上げたカステラ

『卵ドリル』著者・松浦達也さんが「2016年のひと皿」に選んだのは6時間かけて焼き上げたカステラ

The Best of Dish 2016 賢人のみなさんと編集部員が食べた料理のなかで最高のひと皿をご紹介します。お馴染みのあの店か?はたまた隠れた名店か?みなさんにとって、2016年はどんな「おいしい」一年でしたか?

おだしジュワ~な絶品おでんは炊飯器で作れる!ほっとくだけでプロの味になる裏ワザはこの冬に絶対試したい

おだしジュワ~な絶品おでんは炊飯器で作れる!ほっとくだけでプロの味になる裏ワザはこの冬に絶対試したい

1.本格おでんは炊飯器で作れる!「基本の炊飯器おでん」 の作り方 2.水をトマトジュースに変えるだけで作れる「イタリアン風トマトおでん」の作り方 3.スパイシーな刺激がクセになる「グリーンカレーおでん」の作り方

東京以外はすべて地方だという発想では食文化の多様性などわかるわけがないことについて

東京以外はすべて地方だという発想では食文化の多様性などわかるわけがないことについて

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

京都の老舗『室町和久傳』で訊いた、「上客」と認められるための効果的な振る舞い方

【京都で恥をかかない遊び方】日本はもちろん世界中から観光客が訪れる京都。雑誌や書籍にもインターネット上にもさまざまな情報が飛び交い、もはや京都のことは誰でもわかる時代になった、、、と思いきや京都には1,000年の都ゆえの深~い伝統と流儀、そしてマナーがある。そんな京都でいかにして恥をかかずに愉しめるか?京都在住で関西の食文化に精通するコラムニスト・門上武司さんが知識を伝授する。

漫画家・江川達也が老舗『つきぢ田村』へ。おふくろの味がだしのない味噌汁の味になっているのは実に哀しい

漫画家・江川達也が老舗『つきぢ田村』へ。おふくろの味がだしのない味噌汁の味になっているのは実に哀しい

【連載】江川達也の散食散歩散話vol.4 ちょっと散歩してお腹をすかせてからの夕ご飯。これが一番おいしくごはんを食べる秘訣だろう。お店にすぐ行くんじゃなくて、お店の近くの隠れた名所を歩いてから食べましょう。知られざる色っぽい地形が沢山ある。知られざる歴史が埋もれている。知られざるお店のおいしいメニューがある。漫画家・江川達也氏が食べて歩いて喋って、日常に埋もれた歴史やグルメを再発見していく。

  1. 1
  2. 9
  3. 10
  4. 11
  5. 12
  6. 13
  7. 15